ギフト

大切なことを書きます。

続 貧困のお話

2016-08-29 14:52:59 | Weblog

地方に行って、衝撃の賃金の実態を学びました。

月収15万以上の仕事が少ないんです。

月収17万以上の仕事と思って応募したら、実際は9万円だったり。

ここで東北で出会ったシングルマザーの貧困のケースを紹介します。

 

東北に行って、すぐにできた友人はシングルマザーでした。

彼女は何故シングルマザーになったのか話してくれました。

 

結婚して仕事を退職。

比較的低所得ではありましたが一児生まれて、ご主人はなんとか収入を

増やそうとして副業を始めました。

あともうちょっとしたら美味しいもの食べさせてやるからな!と

いつも彼女に言っていたそうです。彼女は、何かよくはわからないけれど

頑張ってる夫のことが頼もしいと思ったそうです。

しかしその思いはあっという間に打ち砕かれます。

ご主人はこっそり大麻を栽培し、何故か農産物でも売るかのように

大麻あります!と堂々と売り出してマッハで逮捕されてしまったのです。

涙がでますね。

彼女はなんでそんな馬鹿なことしたのよと大激怒し、一緒に暮らしたらまた

何か途方もないミスをやらかすと思い、子供の将来を考えて離婚しました。

 

しかしそれからが彼女にとって地獄でした。

一家の稼ぎ手を失い、出産育児に伴って無職となっていた友人は、大急ぎで働き始め

なくてはなりませんでした。

実家に帰り、住む場所は確保できました。

しかし、実家の親兄弟みんな所得に余裕がなかったのです。貧困の連鎖すぎる。

さらに悲劇的だったのは、世帯所得全体で見れば余裕ありと捉えられて

子供を保育園に預けることができませんでした。

彼女は子供を幼稚園に入れて、その間だけ働くことにしました。

 

どこでもそうですが、小さい子供を育てる女性が働ける職場が本当に少ない。

シングルマザーで小さい子がいるというだけで、雇ってくれる職場はほとんど

ありませんでした。

すぐに熱を出したりする乳幼児がいれば、仕事のあてにならない。

そう言って断られたそうです。そういう職種もありますし、仕方ないです。

やっと雇って貰えたのは、月収8万ちょいの工場勤務でした。

月収8万。

県の最低賃金ギリギリの時給で、車が無いと生きていけない地方社会で

8万円の収入とこども手当てで、幼稚園代、車の燃料代と保険料と車検代。食費。

全部まかなわなくてはならなかった。生活保護はもちろん受けることができません。

そこで働きながら就職活動をおこなって、職業訓練もして、収入が倍程度から

それ以上になる私と同じ職場に就職しました。そこで友だちになりました。

 

一緒に働いてる時、彼女のお弁当を見せて貰った時、衝撃を受けました。

野菜。野菜の煮物と、生野菜サラダ。茹でたブロッコリー。米がない。

それらは全部、農家の知り合いがわけてくれた野菜でした。

食費がほぼかかってない。選べないけど、飢えることがない。

その代わり、農家のおうちのお手伝いをたまにしていました。

100均コスメを使いこなし、でもシャンプーだけは髪質にあう、ちょっといい奴を

使ってました。

貧困だけど、なんとか生きていけるけれど、もしも病気でもしてしまったら

全て吹き飛んでしまう。

車も自分で整備していました。

今は15万から20万円くらいの収入になったけれど、子どもを高校に進学させるのは

ギリギリかもしれない。部活もできないでしょうし、ましてや大学は無理でしょう。

塾なんていけません。

それが、日本の貧困の一例。

もしも才能があっても伸ばすことができない。日本の損失です、もったいないですね。

 

生きるギリギリの賃金しか貰えないんですよね。先進国ではあり得ないんだけど、

日本では当たり前の自己責任と言ってまかり通っている。

 

東北に行って、1ヶ月休みなしで11万円でこき使われてる男の子もみました。

でもこの男の子、貯蓄も作ってた。貯金ないと不安じゃないっすかって言って。

いろいろな意味で東北すごいわとため息が出ました。

選ばれし精鋭部隊の住まう土地。それが東北。

でもこのままでは、この男の子に明るい未来ってあるのだろうかと思いました。 

 

 ちょっとむかし、食品工場で働いてる男性が食品に薬物を混入して逮捕され

ました。薬物混入は犯罪ですが、仕事自体はブラックの極みでした。

仕事内容は忙しく、年々賃金が下がっていき、犯行を起こした時は確か

月収14万円でした。

子どもが何人もいて月収14万円というのは、もはや日本では生活が成り立ちません。

それを自己責任の一言で放置し続ければ、第二次世界大戦前の226事件みたいに、

取り返しのつかない方向へ国が進んでいきますよ。

226事件の原因と遠因を学びましょう。

歴史を学ぶこと、原因と結果を学ぶこと、対策を行うことで悲劇は比較的防げる

ものです。

 

貧困を放置すると今は226事件の頃とは違って、反社会勢力に取り込まれてしまって

抜け出せなくなったり、さらに弱いものから搾取するような絶望の連鎖を生み出して

しまうこともあるでしょうね。

日本転覆を望む勢力に取り込まれてしまうことも考えられます。

貧困を自己責任と呼んで放置するのはのちの悲劇につながり、放置して見て見ぬ

ふりをしたら連帯責任が発生します。

 

貧困で声を上げた人たちを叩くのではなく、貧困から抜け出すためにたくさんの

蜘蛛の糸を垂らして、若者たちが蜘蛛の糸の存在を知って自力で這い上がろうと

するのを助けることが必要なのでは?

なんて思いました。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

リオ五輪のキリバス選手のことを思い出した。

2016-08-28 03:45:42 | Weblog

毎年2ミリづつ海面が上昇し、全島移民を将来的に行うことになっているキリバス。

飲み水のための井戸水に海水が混じるようになってきてしまったようだ。

最近海水温が上昇しているわけですが、海水温が上がると熱膨張が起きて

海面上昇がおこります。

 

例えば、13度の海水が1度上昇すると、50センチ上昇するそうです。

 

冷たい海域と温かい海域のバランスによって上昇が小さく済んでいるのだと思いますが

近年の海水温の高さは異常です。

ここに介入出来なければキリバスをまもることは難しいでしょう。

海水温を下げるにはどんな方法があるかしらべようと思います。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

食費がない、飢餓なあなたに

2016-08-28 02:48:19 | Weblog

フードバンクというシステムがあります。

ワーキングプアなどで困っている方も大変多い世の中になりました。

困窮者を助けてくれる団体です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

生活困窮者が利用できる日本の制度

2016-08-28 02:11:46 | Weblog

所得の制限はありますが、進学のための資金が足りなかったり、

生きるためのお金があまりに足りない場合は、

社会福祉資金貸付制度を利用することができます。

 

徐々に返済していくものですが、例えば教育支援資金貸付制度は、

大学卒業後6ヶ月後から無利子で返済するものです。

この制度を利用すると、有利子の奨学金よりもずっと楽に過ごせます。

 

総合支援資金

不動産担保型生活資金

教育支援資金

生活福祉資金

小口生活資金

かけこみ緊急資金など

 

様々な困窮状態にあわせて資金をかしだしてくれます。

ところがこの制度、日本人がほとんどしりません。

苦しんでいる人に情報がいかないのはいかがなものか。

 

お住いの都道府県の 社会福祉協議会 社会福祉資金 生活福祉資金 などで検索してね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

貧困学生になった私の体験

2016-08-28 00:10:51 | Weblog

私が大学生だった頃、親の経営する会社が致命的なほど傾きました。

入学した時、授業料が高いのはわかっていましたが当時は家にも余裕があった

のです。それを私も理解していました。

しかし三年が過ぎた春、父に大学を中退してほしいと言われました。

経営が行き詰まっている中、不渡り手形が数個発生して授業料や生活費が出せないと。

 

年間200万の授業料と、年間100万円の寮費と生活費を私は消費していたのです。

 

私に大学を中退してもらうしかないと父は言いました。

でも、私は大学を卒業しました。

最後の一年、自分の力でお金を稼ぐので卒業させてほしいとお願いしました。

父は、売春するならお前を殺すからな…というので私も絶対にしないと約束しました。

実際に売春もしなかったし、風俗にも行かなかったです。

奨学金もかりませんでした。

 

私はうどん屋さんでバイトしてお金をかなり貯めていたので、100万以上

現金で用意できたのです。本当は卒業旅行で海外に行きたいと思って貯めてたん

ですけどね。当然海外旅行にはいきませんでした。

 

また、京都から実家に帰る時はだいたい青春18切符を使って10時間かけて

帰っていました。貧乏くさい…しかしそれがいい。

あんまりお金を使わなかったんですね。

平日のうどん屋さんの他に、土日を使ってゴルフ場でバイトしました。

1日12ー13時間、ゴルフ場のカフェでウェイトレスをしてました。本当は

労働基準法違反なのでしょうけど、13時間はありがたかったです。

1日が終わったあとは本当にクタクタで泥のように眠りましたが、

何がなんでもこの一年乗り切ってやる。

そんな強い思いで日々を送っていました。

当時うどん屋さんの時給が650円。

ゴルフ場の時給が850円でしたね…。一ヶ月に13-15万円くらいの収入になりました。

寮費が3万5000円、食費5000円くらいで済ませました。

うどん屋さんは私のために、うどんと丼の二食分の賄いを作ってくれました。

朝に丼を食べ!冷蔵庫に入れるんやで!と善意の食事をくださいました。

よくミスする私をお玉でコイーーーンと殴るおかみさんだったけど、

今でも本当に感謝しています。

7月から10月の夏休みの間にバイトしまくって、一ヶ月に26万くらい稼ぎ

後期の授業料の100万円を用意できました。

11月でゴルフ場のバイトはやめました。

 

 

当時は様々な知識がなくて、バイトでしかお金を稼ぐ方法を知らない私にとって

一ヶ月に10-20万近いお金を貯めたり、必要最小限のものですごす暮らしは

自分の立っている場所が本当に崖っぷちなのだと気づかせてくれました。

風邪をひくわけにはいかない、自己管理が出来なければ全部終わってしまう。

一つでも無駄をしてはいけないという覚悟が、抜け作の私を多少しっかりさせました。

 

高校生や大学生の皆さんは、家の収入と収支や、自分の学生生活にいくらかかるのか

よく考え、身の丈にあった無理のない生活をしてほしいと思いました。

 

大変高い学費でしたが、卒業後にもう一つ学校に行かないと収入的に大変低い

ということを卒業して数年後に知りましたね…。

 

残念なのが、あんなに苦労して取った資格が職能的に私に全く向いていなかったのが

一番痛かったなあと。

ま、無駄なものはなにもないのでいい経験です。

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

貧困の話

2016-08-27 23:06:01 | Weblog

貧困だと、未来を自由に選ぶことができない。

なりたい職業につくための教育を受けることができない。

限られた仕事にしかつけない。そこから這い上がっていくか、技術習得のための

練習を人より多く行うか、ありとあらゆるコネや人脈を使って地位を得るなどして

道を切り開いていくんだけれど。

貧困がゆえに、この日本でたまに餓死する人がいる。

貧困を放置すると、リオのようにどんどん人心が荒廃し、生きるために犯罪を犯す

人間が増加する。

 

 

だから貧困対策は絶対に必要なものなんだけど、

なんか貧乏な人はムダな金を使ってしまって、大切な自分や子孫への投資が

できなくなってしまうのがほとんど。

パチンコで給料の半分くらい使ってしまう人がいて、あと、携帯電話代が

月5万、食費が多すぎるなど、結構金をどうでもいいことに使ってしまってたりする。

貧乏人に取って5万や20万って大金だけど、未来への投資のために貯めずに使いきって

しまう。

その習慣を変えることはしないの?といつも思っていた。

浪費家の親をもつ子どもは、確かにチャンスの切符が少なくて

貧困の連鎖が起きてしまうことが多い。

 

実際にアメリカでは教育の平等を生むきっかけになるとして、

世界の名門大学の授業をネットで受けられる大規模オンライン教育が

生まれました。

日本の奨学金返済問題と同様に、アメリカにも学生ローン負債の問題があるからです。

貧困のために教育を受けることができないのは、結果的に人材を失っていることに

なります。

そのため、有名大学は有料がほとんどですが、無料でスキルを学べるオンライン

授業が充実しています。

無料教育サイト MOOC で自宅留学してみては。

 

英語ができない人は、放送大学ではダメなのか?と思う。

昔、暇なときに放送大学の講座をよく見てたけど、すごく面白かった。

日本の最高峰の講師陣の授業を家やネットで受講できて、授業料が大変お安い。

働きながら放送大学を卒業して、働きながら音大の大学院に進学し卒業した友人が

います。

 

貧困家庭の子たちに必要なのは、低価格で同じような学習ができるものがあると

誰かが教えてあげることなのではないかと。

多大な借金を背負うことがなくても、自分にあったものを選んで未来を切り開くこと

ができる。

そのバリエーションをたくさん与えてあげるのが良いかなと思います。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高畑裕太容疑者に思う

2016-08-27 11:25:05 | Weblog

もしも高畑裕太容疑者のような、ちょっとした障害を持った子どもが生まれて

しまったら、親はどうするべきなのだろうと考えています。

 

ちょっと例を挙げますね。

 

私の知人女性は三人子どもを産みました。

一人目は学校での成績もトップクラスの賢く礼儀正しい子。

二人目は、成績はわるいけれど活発で、友達がたくさんいる子。

三番目に産んだ子は、自閉症児で他害衝動の強い、知的障害もある子でした。

 

ある日突然生まれてくる、他者に危害を与えたいという衝動を強く持った子ども。

親がどうとかそんなんではなく、生まれてきてしまう。

私が知人女性のお宅に遊びに行った時、大変な光景を見てしまったのです。

三番目の子が良くないことをしたので、知人がそんなことしちゃだめだよ!と注意

したら、突然 

ぶっ殺してやる!! と4歳児が叫び、ぱーーーーーっと走って行って、台所の包丁を

手に持って戻ってきたんです。

うわーーーーーーこわーーーーーーーーーーいと思ったけれど、知人も慣れたもの。

ぶっ殺すなんて、絶対に言ってもいけないし、やっちゃダメなのよといって

包丁を取り上げて高い場所に隠してました。

ニコっと笑って、いつか刺されるかもねと言ったのには笑えませんでした。

 

知人は早くから三番目の子が普通ではないことに気づいて、療育を行いました。

ご主人は最初のうちは、こんな可愛い子に障害があるわけない、お前は子どもを

障害者と思うクソ女だと激しく罵りました。

しかし、ご主人を発達の先生のもとに連れて行き、詳しい状況を説明ししてもらい

ご主人にもしぶしぶ納得してもらったそうです。

今ではその子は支援学級に進み、毎日楽しく過ごしています。

 

しかし、性質として他害傾向、他者に暴力を振るいがちになることがベースにあるので

知人は常に気をつけています。

 

高畑容疑者も、おそらくなんらかの障害を持って生まれてきて、全く療育を受けて

いないのだろうと思いました。

彼自身は非常に性欲が強く、衝動を抑えることができないのです。

なんの療育も受けずに社会復帰すれば、第二第三の被害者がでるでしょう。

これからも人生は続くので、同じ罪を犯さぬように療法を受けたり投薬治療を

うけるなどしていただきたい。

 

 

突然そういう障害を持った子が生まれてきてしまうことがあります。

親が悪いとかそういうわけでない、もはや運。

社会全体で悲しみを減らすシステムを構築することが重要なのではないかと思います。 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

防災いろいろ頑張りましょう

2016-08-27 04:00:46 | Weblog

世界中で大きな地震が起きたりしてるから、

地震国の日本も注意したほうがいいような気がします。

なんとなくですけどね。何も起きないのが一番だけど、備えあれば憂いなしですし。

 

水とかね、いろいろな食べ物とか。

近々台風も来そうだし、用意してもいいかなと思うのです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

リオでもテロ対策が大変でした。東京も一層の対策をしてほしい。

2016-08-26 23:14:36 | Weblog

リオでは10人を超えるテロリストが摘発されました。

年々物騒になっていますね。

これから突如として世界からテロリストがいなくなるようなことがあればいいけれど、

そんなことは常識的に考えてないです。

 

東京オリンピックはとても楽しみにしています。

テロ対策はしっかりと行っていただきたいと思っています。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

八ッ場ダムが完成するのが2020年から2022年。

2016-08-26 23:02:35 | Weblog

このダムができると、利根川流域の洪水が全然起きなくなり、ヒ素は入ってますが

水不足で関東一円が苦しむことも全くなくなるそうです。すごいですね!

ちょうど東京オリンピックのあたりで完成しますね。

 

私にとっては原因と結果の法則を学ぶためのダムでした。

あともう4-5年で完成ですね。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加