ギフト

大切なことを書きます。

生殖の話 3

2017-06-20 15:22:35 | Weblog

●流産後にうまれる子供

流産の場合、中絶よりも割合はぐんと下がりますが、その後に生まれてきた

子供はこのような形態になりやすいです。

左右で別の遺伝子です。あしゅら男爵のようですね。

日本や世界中を旅してまわる子になりやすいです。経営者にも結構います。

女性の場合子孫は残しにくいです。残せる人はほぼいません。

 

●父方の中絶の影響と、母方の流産がコンボしてできてしまった子供 逆もあり

遺伝子3つの組み合わせの子供になります。

殺人鬼になりやすいです。宮崎勤も、酒鬼薔薇聖斗も、千葉で女児を殺した渋谷も、相模原で

障害者を殺害してまわった植松も、佐世保で友人を殺した当時女子高生も、タリウム女子もみんな

この型です。

この型でも、ほとんどがおとなしく日々を過ごしています。

重要なのはABCの組み合わせです。どうしても殺人鬼になってしまう組み合わせがあります。

そういうのは隔離しかないのです。

普通の家庭にも突然生まれます。

 

基本、日本人のほぼ7割がこういう中絶などの影響を受けているので、ほぼ全員が

なんらかの問題を抱えているにもかかわらず、障害などに対する理解はほぼありません。

自身の欠損に気づかないまたは見ないふりをするからこそできることです。

 

あとは、古戦場跡や刑場跡などでは、中絶や流産に関わらず障害が発生しやすい

ことがわかっています。

 

知らず知らずに古戦場跡や刑場跡に住んでしまった場合はどうしようもないです。 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 生殖の話 2 | トップ | 真面目に水子供養してきてく... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL