ギフト

大切なことを書きます。

豊洲移転は日本の予定調和

2017-06-20 08:33:21 | Weblog

オリンピックのどさくさに紛れて、たくさんお金を使おうという

実に日本らしい選択で、6000億円かけて本来食品を取り扱うべきでない

場所に市場を作りました。

 

 

まるで、福島第一原発のようです。

地方はお金が欲しくて、福島県は低地に原発をたくさん作りました。

津波対策を一切施さず非常用電源も建屋地下。

東日本大震災の数年前には、共産党が津波対策してないけど危険だろうと

大津波が来たらどうするんだと言ったけれど、政権についた者たちはそのようなことは

決して起こりませんと適当なことを言いました。

そして、津波対策を施すことなく東日本大震災→津波→原発爆発に至りました。

100年の間に数回大津波が来るような場所に、津波対策や地震対策が緩い

原発を建設すれば悲劇がおきるのが当たり前なのです。

起きるべくして起きた原発事故でした。

 

 

今も全く同じ構図です。

共産党だけ、絶対ダメだ、築地のままにしろと反対しています。

しかし、日本ですからきっちり移転するでしょう。

全ては予定調和です。必ずやってはいけないことでも金さえつぎ込んでおけば

やり抜いて悲劇を招くという、日本人の特性を活かした予定調和です。

 

どういうことが起きるか想像してみてください。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 豊洲移転に思うこと | トップ | 生殖の話 1 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL