ギフト

大切なことを書きます。

常総市の堤防決壊のこと

2017-06-16 15:05:57 | Weblog

2015年。あの時、確か国土交通大臣は公明党の方だったと思う。

 

本当は鬼怒川の堤防が決壊して死者が出た場所は、その下流の堤防補強のために

車両通行道路を建設した場所です。

道路のために堤防の幅を50メートルに渡って削ってしまった場所でした。

旧河道で元々堤防が弱いのにそこを削ってしまい決壊して死者が出ました。

 

でも、それを隠しましたよね。

 

その地点ではない、上流のソーラーパネルのあった場所を(単なる越流だったのに)

ソーラーパネルのせいで堤防が決壊したと情報操作をしてしまいました。

そして被災した住民には自己責任ということで数十万渡して終わりです。

ひどい話ですよ。

 

今は国土交通大臣が変わりました。

過ちを隠蔽することなく、正しく行うべきことができているでしょうか。

とても心配です。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 妙蓮華経の加護と罰 | トップ | 豊洲移転に思うこと »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL