ギフト

大切なことを書きます。

引きこもりの人の4割が小中学校でいじめを受けている

2017-11-08 10:00:06 | Weblog
小中学校時代のいじめられた体験は、一生涯にわたって影響を及ぼすことが

研究でわかっています。

日本では引きこもりの人がとても多いですが、この引きこもりの人の実に4割が

小中学校時代にいじめられた経験を持ちます。

いじめによって負った心の傷は、大人になっても病気の原因となるなど、マイナスの

影響が大変大きいです。

複雑性PTSDを将来発症する可能性が高いです。

鬱病や摂食障害、絶望、自己破壊、引きこもりなどです。

大人になって鬱病になったとしても、小学生や中学生の頃の心の傷をケアしないとなかなか改善

しないことが多いといいます。



いじめが起きないようにするにはどうしたらいいでしょうか。

日本は陰湿ないじめを容認しており、たくさんの子供の未来を潰しています。

もしもいじめさえなければもっと日本の未来は明るいはずです。

最近ではいじめ加害者の親が「被害児童に必要な暴力」などと意味不明なことを言う事態。

大人がいじめを止めない、いじめ加害者を擁護する。もうそれはやめるべきでは。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 死にたい死にたい、は、助け... | トップ | 人口減少都市に大学誘致は今... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事