ギフト

大切なことを書きます。

生殖の話 2

2017-06-20 14:08:34 | Weblog

●中絶とその影響

 

 

中絶するとどういう子が生まれるのでしょうか。

だいたいこういう子がうまれます。

上半身の遺伝子と下半身の遺伝子が異なる子供。

上半身はA遺伝子。下半身はB遺伝子。

こういう子供がだいたい凄惨なイジメの加害者となります。

いつもイライラして攻撃性が強く、自分さえよければいいタイプの子供。

徒党を組んで遊ぶ道具にする子を見つけて、徹底的にいたぶり遊びます。

教員でさえもイジメの対象です。徒党を組む能力だけは高いですね。

隠蔽工作も得意です。

基本親はモンスターペアレンツです。祖母の影響である場合もあります。

その子供の周囲には、精神を病んだ子供がどんどん発生します。

将来的に自殺する子もたくさん発生します。

一時日本の学級が荒れまくった時代がありましたね。

こういう子供がクラスにあふれていたからです。

企業でも陰湿なイジメがあるのはそのせいです。

中絶後に生まれた子供は、その子のせいじゃないけど未来を暗くする装置になりやすいです。

たまにすっごく筋の通った奇跡の子が生まれます。組み合わせが良かった場合です。

 

上記タイプの子とは別に、以下のタイプの子供も生まれます。

脳の一部機能に発育不全や欠損のある子供。

一部の能力だけガクッと落ちる子供。

中絶で、次にうまれる子供の脳機能に欠損ができやすくなります。

 

母親が中絶していなくても父方にそういう遺伝子があれば子孫に受け継がれます。

欠損の出場所によって、障害の度合いは異なります。施設に入る子もいます。

訓練したり職能にあった場所で働くことで、なんとか生きていける人もいます。

欠損の数だけ努力が必要になります。辛い思いをする子が多いです。心優しい子が多いです。

親とご先祖様のせいで、その子のせいじゃないのにね。本当に気の毒です。

さらに、正しい判断ができなくて向いてない職業を選んでしまって、よく自殺してます。

自分が成り立つ進路を正しく選択できなかった結果です。

 

中絶はどんなに隠しても子孫の形態で全部わかります。

私は見たくもないのに全部わかってしまいます。

 

 

戦後70年経って、だいたい中絶3代目以降は淘汰が始まります。

今は淘汰の真っ最中なので子孫は大変残しにくいです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 生殖の話 1 | トップ | 生殖の話 3 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL