ギフト

大切なことを書きます。

女性は無能か

2017-11-04 06:16:21 | Weblog
今も鮮明に覚えていることです。

小学校の担任の先生(男性)が授業の最中に言ったこと。

今は女子の方が成績が良くても、いずれ男子に全部抜かされていく。

体力も知能も技術も全てが男子に劣るんだからいい気になるんじゃない、という

ようなことでした。

確かテストで100点だったのが女子しかいなかったからです。

生涯独身で女子バスケ部の顧問をしており、試合に負けたら女子選手の頭を丸刈りさせる

教師でした。今思えば異常でしたね。

しかし、この先生の言うことは大変小学生の私の心に響きました。

努力して頑張っても将来女性は無能になるという言葉でした。

私は大変素直でしたので、先生の言う言葉を全部鵜呑みにしました。



当時は自分の中で納得するものがありました。

そうか、女性は今どんなに頑張っても全てが男性に劣っていく無能な生き物なんだ。

だから私が生まれた時に女だったことで、祖父に舌打ちされたのだな。

そのくらい女は無能で価値のない生き物なんだ。

何故女に生まれてしまったのだろう。と虚しく思ったものです。



実際に大人になってみたところ、女性が無能かというと別にそうでもないという事実が

わかりました。

確かに体力や運動性能的なものは男性に劣ります。

ただ、その程度だな…と把握しております。

諸スキルは男女共に育てれば伸びますしね。



間違った思い込みは無駄に社会を暗くするな…と思っております。

男女共に無能な人は無能で、有能な人は有能です。個人差があるだけです。

私自身、蕎麦屋のバイトは一時間でクビになる程度の超無能バイトでした。

ただし専門知識を活かした仕事ならば、普通以上に働ける自負があります。

男女共に尊いので、一方を蔑視したり差別するのはよろしくありません。



友人女性は、伝統家具職人をしています。入社当初は女性だというだけで社員からひどいいじめを

受けたそうです。オール男性の職人の中に女が一人だけだったそうで、一流の家具職人に

なるんだという夢がなければ生きるのが辛くなるレベルの壮絶ないじめだったそうです。

そんないじめをものともしない鋼メンタル(死ねと言われても別に死ぬわけではない)を

獲得した彼女は、今も元気に職人をやっています。

丁寧な仕事に定評があり顧客もついているそうです。

できないことは仕事に選ばない。それが重要なことと思います。

後は男女共にささえあって生きていけばいいじゃない…というだけの話です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

問題が表面化するのはとても良いこと

2017-11-04 05:29:28 | Weblog
企業の不正や、社会システムの問題が表沙汰になるのはとても良いことです。

表沙汰になるくらいに問題があるので、それこそチャンス。改善すれば良いという話です。

致命的な問題を隠蔽したなら企業は消えていきます。

過去の不正も改革で問題解決したなら、のちの実績にもなります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加