私魚人(あいうおんちゅ) ~定年親父の魚三昧:タナゴ仕掛けとガサで出会った魚たち~

50年続けた魚遊び。もう、胴長ガサガサもしんどい。ならば釣りだ。タナゴ釣りから珍魚・駄魚ハンターへ。何種釣れるか?

ブログ紹介 はじめに・ルール

2026-12-31 10:29:17 | はじめに


はじめに
このブログはタナゴ釣りの仕掛けで釣れる「人にはあまり役にたってない魚たち」にスポットライトを当てたものである。
釣り人のための図鑑にも詳しく記されないまま、釣り人に「外道・細物・エサ取り」などと呼ばれ見捨てられる魚たち。
釣れてくれた感謝などないままに・・・・・・。
彼らもけなげな生命であり、生態系を支えている大切な役割があることをほんの少しでも残しておきたいのである。


いわば、中島みゆきの「地上の星」の水中バージョン(大げさでんな)なのである。


ルール 
「何でもあり」にすれば釣れる種類は増えるだろうがつまらない。必ずシバリは必要である。
・180cm以下のタナゴ竿とタナゴ仕掛けを使う。
・船を使わない。岸辺からの釣りしかしない。
・マサゴハゼ・エドハゼなど無理っぽいもんは初めから相手にせず、釣り以外で紹介する。
・基本的に記録後に放流する。お持ち帰りは食べる時だけにする。
・絶滅の危機にある魚は数尾釣れたらやめる。生息地が特定できる風景を載せない。
・特定外来種や釣りの時のゴミは法律にのっとり、始末・処分する。
・わざわざ日本各地へ出かけたりして保護活動をされている方々のフィールドを荒らさない。
・エサは何回出かけることになっても使い切る。
・ミミズやイソゴカイを馬鹿にしてはいけない。
・他の釣り人や釣り方を馬鹿にしてはいけない。マナーやモラルはさておき。


10年間はこのページが先頭にくる形にしたので、スクロールして最新記事を見てくだされ!










このページの画像は釣った魚たち。増えていくからね。 
ジャンル:
環境
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 紅まどんな & スターキング ... | トップ |   
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ボナ)
2017-03-27 07:29:53
私魚人さん、美しい洗練された写真で、うっとりしています。6月から9月の暑い時期は、磯の釣りは、エリモ地方などに限られてしまいますので、札幌近郊の水郷茨戸で鮒の投げ釣りに精をだしています。ミミズがエサで淡水投げ釣り大会に年数回参加しております。クーラーやバッカンに生かして持参し、計量した後では、すべて放流しています。1.5号で3.6mの磯竿で釣っています。時々訪問します。私も陸っぱり専門です。
Unknown (私魚人)
2017-03-27 09:40:09
ボナさん

コメントありがとうございます。

北海道へは若い頃に淡水魚採集に行ったきりです。
フクドジヨウ・トゲウオ類・カジカ類・オショロコマなど懐かしい思い出です。

また、いつか行きたいなあ。

ぜひ、郷土のいろんな魚のようすをこれからも紹介して頂ければ嬉しいです。

私は、道糸0.8号・ハリス0.4号以下で小魚たちに遊んでもらってます。
Unknown (venten77)
2017-06-17 21:10:58
ど、読者登録してくださって
ありがとうございます。
どうにも私のブログ、自分用の日記程度で始めたものですから、未だに使い方が理解できていないんで、
返信が遅くなって申し訳ないです。
私魚人さんの撮影技術や
お魚の知識など見習いたいと思いま
す。 以後お見知り置きを。
Unknown (私魚人)
2017-06-18 06:04:46
コメントありがとうございます。

他県のお魚事情は知らないことが多くて・・・
いろんな方々のブログを覗いています。

その中のどのブログなのか、またお教えください。
お邪魔させていただきたいので。
これからもお付き合いできれば幸いです。

なお、撮影はまだまだ下手クソですが、
名前を知りたい・確かめたい
特徴を調べたい
なるべく正確に伝えたい、と思い
釣りにならんくらい時間をかけてるのは確かですわ。


コメントを投稿

はじめに」カテゴリの最新記事