私魚人(あいうおんちゅ) ~定年親父の魚三昧:タナゴ仕掛けとガサで出会った魚たち~

50年続けてきた川遊び。すっかりガタがきて、胴長でのガサガサもしんどい。ならば釣りだ。タナゴ仕掛けで何種釣れるかなあ。

「なんでくん」による撹乱の巻

2017-05-14 20:47:21 | 釣り
2017年5月14日 日曜日

釣りに行った。
昨日の漁港へ、再び。
所用をすませ、のんびり体をやすめるはずだったのだが・・・・・・

すべての原因は昨日「なんでくん」と出会ったことにある。
「なんでくん」は小1の男の子。
2つのバケツの魚をあきることなく移動させ続けた4才の「アンちゃん」のあんちゃん。

妹を迎えにきた「なんでくん」にホッとするのもつかの間。
「なんでくん」の口撃(?)がはじまる。

「すごいです! たくさんの魚! 何ていう魚ですか?」
観察ケースに一匹ずつ入れて分かりやすく説明しようじゃないか!
「アア、コイツはシマシマで、ヒレに赤いスジがあるじゃろ?」
「ホントだあ!」「ふぉんとじゃ~!」(アンちゃん分からんけどつきおうとる)
「だからアカオビシマハゼ」
「へえ~。この魚は?」
「コイツはアイナメ」
「なんでアイナメなの? なんで?」
「ん? ・・・・・・なめるほどオイシイからかな?」
困ってきたぞ。
この年頃の質問攻めにウソはつきたくないが知らんもんは知らんし・・・・・・
「で、コイツがタケノコメバル。で、これがアサヒアナハゼ。最後にサラサカジカ」
質問が出せないようパパッと早口で終えることにした。

「なんでおじさんいっぱい釣っとるのにお父さんは釣れないの? なんで?」
お父さん、おったんかい!
よく見ると浮き桟橋で一人のんびりサビキ釣りしとるやないかい!


「それは、お父さんのエサとおじさんのエサがちがうからだよ」
「なんで? エサは何なの?」
「おじさんはイソゴカイでね。底魚を釣るときに使うんよ。」
「なんでイソゴカイだと釣れるの? 底魚ってなに? なんで?」
わあ! 楽しいケド大変やわあ!

「ねえ? おさかな博士(しだいにこう呼ばれだしたのだ)? おっきいおさかなくれん?」
ん、またまた困った。(今日は「アイナメ持ち帰り」で煮付けにする予定だったのだ)
「じゃ、お父さんのクーラーボックス持ってこれるかな? あげるからね」(フフフ、重くて持ってこれまい)
「ん! 分かった!」
「アンちゃんもお~」 2人とも駆けていくがな。

持ってきたのである。
全部あげたのである。トホホ
お父さんもボウズに飽きてやってきた。
「もう、帰るよ。遊んでもらってすみません。お魚もありがとうございます」
「ばあちゃんに見せるんじゃ! きっとよろこぶ」「ちっとよろろぶ」
よしよし、めでたしめでたし。

「ちょっと竿持ってみたい? いい?」
「いいけど釣れんよ」
「なんで? なんでおじさんは釣れたのに釣れんの? なんで?」
お父さんではないが、まさに帰る潮時なのである。
潮時の説明がややこしいので、エサをつけ、ほどよいポイントに落としてから竿を渡す。
「軽い~! なんで? なんでおじさんの竿軽いん?」
「ヒキよるよっ!」 横から相棒の大声!
あわてて竿を立てて、ブルブルあがってきたのはタケノコメバル(下写真右)

「オモロ~! ねっもう一回? いい? いい?」
「いいけど釣れんよ」
「なんで? 今釣れたのに釣れんの? なんで?」 
ま、ええか。お父さん見とるし。
今度は「なんでくん」、ナント自分でウキを見てあわせたのである。(ナントくんと呼ぶべきか?)
最初は根がかりかと思えた竿のしなり具合から、ブルブルブルブル・・・・・・
アイナメ(上写真左)だったのである。

「オッモロ~! なんじゃ、かんたんじゃん。すぐ釣れるじゃん!」(なんじゃくんと呼ぶべきか?)
捨てゼリフと「ありがと~」の言葉とともに「なんでくん」帰路に着くのであった。

大漁だったバケツはカラ。
晩ご飯のおかずにと粘るもののアイナメ2匹とアサヒアナハゼ2匹。
下ごしらえして冷凍保存。

かくして今日もお出かけとなったのであった。
アイナメ4匹をお持ち帰りしてっと。


アサヒアナハゼの方がうまかったね!
白身でプリプリとして、クセもないし。





『釣り』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サラサカジカ:小さな願いが... | トップ | 私魚人(あいうおんちゅ)図... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (まつこ)
2017-05-18 12:33:44
子供の好奇心をてのはすごいね。
いい話じゃった
Unknown (私魚人)
2017-05-18 17:17:10
まつこさん

コメントありがとうございます

元気にやってますか?

「なんで?」の鉄砲は大変でしたが
できるだけ正確にわかりやすく答えました
この子も「釣れた!」という体験が強烈に残ってくれるものと信じてます

快い疲れです
やっぱりちゃっちい釣りはいいですね
環境にもやさしいしね



コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。