私魚人(あいうおんちゅ) ~定年親父の魚三昧:タナゴ仕掛けとガサで出会った魚たち~

50年続けた魚遊び。もう、胴長ガサガサもしんどい。ならば釣りだ。タナゴ釣りから珍魚・駄魚ハンターへ。何種釣れるか?

ホシガレイの赤ちゃんに会いたいの巻

2017-04-21 07:00:58 | 周縁魚
ホシガレイの幼魚2尾である。


3年前のこの時期に大きな河川干潟で採集したものである。
あの頃、干潟の魚との出会いが新鮮な驚きと感激で毎週のように通ってた。

春の干潟が本当に多種多量の稚魚たちのすみかになってて
まさに「命のゆりかご」なんだと実感できた。

すっかり体力の落ちた今も、
あのドロにはまりたい、という衝動がつきぬけてくるのである。
変わっている人間なのかもしれない。

地元の釣り師でさえも「魚の宝庫」であることをまったく知らないのである。
踏み込んだ者だけが手に入れられる玉手箱なのである。

その中でもパンダ模様のホシガレイの幼魚が採れたときは特にうれしかった。
ま、採ったときはよく分からなくて「病気とちゃうん?」なんてね・・・・・・

週末は、昼間に干潮が訪れる。
あ~会いに行きたい・・・・・・

さ、仕事に出かけよっと。
ジャンル:
環境
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アレも釣りたいコレも釣りた... | トップ | タケノコメバル:春告魚を夫... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

周縁魚」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL