私魚人(あいうおんちゅ) ~定年親父の魚三昧:タナゴ仕掛けとガサで出会った魚たち~

50年続けてきた川遊び。すっかりガタがきて、胴長でのガサガサもしんどい。ならば釣りだ。タナゴ仕掛けで何種釣れるかなあ。

カジカ中卵型が?:若者たちのどんでん返しの巻

2017-06-17 06:35:19 | 通し回遊魚
2017年6月17日(土)

昨日の朝日新聞地方版の記事。


「おっ! 知っとる子たちがまたなんかやらかしとるわ!」
見出しを見てそう思った。

記事を読み始めて驚いた!
「何だとお! いつものガサポイントでカジカを確認じゃとお!」

今年は、体力面も不安だし、海辺の釣りにはまってたし、行かんままだったのだ。

そこは、ほとんど下流域に近い中下流域。
本来、両側回遊をするカジカ中卵型のすめる環境ではないハズ・・・・・・

ある年はゴクラクハゼばかり、
ある年はゼゼラやチュウガタスジシマドジョウが、
また、ある年はウキゴリの幼魚の大群が押し寄せる、
確かに毎年いろんな出会いがある良いポイントじゃけど・・・・・・

私の中での認識・常識が音をたててくずれ落ちていくのである。
いつもいつもこの子たちにはどんでん返しをくらうのである。
自然界のシステムとコイツらだけはホンマ・・・・・・分からん。

この子たちの活動はもう30年近く続いてる。
今どき珍しい川ガキ(と川オトメ)たちである。

よくなついてくるし、一緒に採集するととても楽しい連中だ。
しかし、素直に悔しいわあ!
もう許さんのんである。
「『カジカ中卵型』無断採取横領収賄罪」で逮捕せんといかん! (そんなんあるか?)

さておき、長く続けてるから叶った発見だよ!
よく見つけたぞ! えらい!
おめでと!

口の悪いきみたちに
「老師」とか「じいちゃん」とか「ハゲじい」(激しいじいさんの略?)とか・・・(これ以上は書かんとく)
呼ばれてるやさしいおじさん(今度からこう呼ぶんじゃ!)より









ジャンル:
科学
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シロギス:ええ引きしとるわ... | トップ | スジハゼ:東方漁港見聞釣録... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。