私魚人(あいうおんちゅ) ~定年親父の魚三昧:タナゴ仕掛けとガサで出会った魚たち~

50年続けた魚遊び。もう、胴長ガサガサもしんどい。ならば釣りだ。タナゴ釣りから珍魚・駄魚ハンターへ。何種釣れるか?

脂鮠(タイワンアブラギギ?)は神様の贈り物の巻  台湾釣(ガサ)行記㊻

2017-02-17 07:36:16 | 台湾の魚たち
 2016年12月27日 火曜日

脂鮠(タイワンアブラギギ?勝手につけた名前)である。


台湾固有種のギギである。
台湾にすむギギの仲間は3~5種に分類されていて、
図鑑の大半は、そのうちの3種を載せている。
その違いがまったく分からないので、
今回唯一見解の違う図鑑に「おんぶにだっこ」して都合よく利用させてもらうのである。
すなわち「記載された5種にはわずかな違いしかなく脂鮠1種にまとめておく」というのである。
ラッキー!

さておき、友のタイワンハナマガリ若魚を逃がしてしまった私は、
スタート地点へと戻りながらタマリでのガサを続けるのであった。
「もうええよ。種類か違うわけじゃないし、帰ろ。」
「そうはいかん。迷惑かけっぱなしじゃもん。」
やむ無く友もガサに付き合いつつ、水路を下っていく。
そのとき、ふとある場面を思い出したのである。
「ガサをしとるとパニックになった魚が思いもかけん浅いとこで採れるんじゃ」
という友のお言葉と驚くほどの成果のことを。

2人が手つかずにしていた「枯葉が堆積した足首にも達しない浅瀬」でガサをする。
立派なタカサゴオイカワなどがワンサカ採れるじゃないか!
続けなきゃ! タイワンハナマガリの大きいヤツ採るまでは・・・・・・
「うわあ! 違うん採ったわあ!」
「なんなんな? うわあ! ギギじゃあ! 会いたかったギギじゃあ!」


友の喜ぶ姿を見てホッと胸をなでおろすのであった。
これで「挽回できた」と心底思った、
のも束の間であった。
彼の悔しさがバクハツし始めるのである。
「クソッ! ええ思いばっかしやがって・・・・・・! ブツブツブツブツ・・・・・・」

後日、立場を変えてよく考えてみれば分かるのであった。
自分の採った魚を逃がされるわ、帰りの時間も考えずしつこくガサを続けるわ、
挙句の果てに採りたかった魚を採られるわ、・・・・・・では踏んだり蹴ったりではないか!
困ったことに観察ケースに入らん立派なサイズじゃし・・・・・・。

かくして友の怨念にも似た悔しさを全面に浴びながら水路をスゴスゴ戻っていくのであった。
ジャンル:
科学
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 最後の水路で採った他の魚た... | トップ | 高尾市の大きな本屋にての巻... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

台湾の魚たち」カテゴリの最新記事