私魚人(あいうおんちゅ) ~定年親父の魚三昧:タナゴ仕掛けとガサで出会った魚たち~

50年続けた魚遊び。もう、胴長ガサガサもしんどい。ならば釣りだ。タナゴ釣りから珍魚・駄魚ハンターへ。何種釣れるか?

オクヨウジ:夏の干潟の魚たち⑫

2017-07-01 05:31:34 | 夏の干潟の魚たち
オクヨウジである。


昨日ブログデビューしたハオコゼくんとともに採れた。

じっとしとってもピントが合わんのんである。

アマモ場にすむ吻の短いヨウジウオ。

よく見ると体じゅうに「カビでもはえとんか?」と。
これは皮弁といってコイツの皮ふがのびとるのである。


尾ビレがやたら小さい。


のんびりしとるときは、アマモに尾を巻きつけるようにして立ち泳ぎ。
(このへんはタツノオトシゴっぽいわな)
急いどるときは、ちっこいヒレをセッセと使いクネルようにして水平泳ぎ。
(このへんはヨウジウオじゃね)
なんてなことを書いとる論文もあったりする。

タツノオトシゴっぽい立ち泳ぎが見たかった。
私の観察ケースでは無理なお願いなのだケド。

進化のオトシゴとでも言うべきか
ひょんなヨウジに使われるスキマ産業製品(糸ヨウジとか?)とでも言うべきか。

はよ、雨やまんかの・・・・・・
『釣り』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハオコゼ:夏の干潟の魚たち⑪ | トップ | ハオコゼ:あまりにあっけな... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

夏の干潟の魚たち」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL