私魚人(あいうおんちゅ) ~定年親父の魚三昧:タナゴ仕掛けとガサで出会った魚たち~

50年続けた魚遊び。もう、胴長ガサガサもしんどい。ならば釣りだ。タナゴ釣りから珍魚・駄魚ハンターへ。何種釣れるか?

クロダイが・・・・・・アイナメの煮付けに の巻

2017-05-05 18:21:13 | 魚を食らう
2017年5月5日 木曜日

友と昨日の干潟へ出かけた。
クロダイやボラの群れを見てもらうためでもあるが
ホントは昨日カメラを忘れたリベンジなのである。

な、なんと・・・・・・
出水口が閉ざされていて、まったく魚がおらんではないか!

「これだからなあ・・・・・・」 友が言う。
「ま、干潟でガサでもしとって! 釣りは試してみるけえ・・・・・・」

チチブとシモフリシマハゼとアカオビシマハゼしか釣れんじゃないか!

ガサから友がニコニコ戻ってくる。
「この干潟で初めてタビラクチ採ったわあ!」

「チクゼンハゼも結構おったし、先輩のおかげじゃあ!」
ま、なんとかつじつまがあったのである。

さらにだ。記録撮影中に昨日すくい網を貸してくれたおじさんが通りかかったのである。
「今日も来とるんやね、どうかいの?」
「全然ダメですわ」
「昨日はおっきいの釣ったのにのお! あんな竿でようあげたわ」
ラッキー! これでウソつきでないことが証明されたのである。

「この後どうするん?」
「アイナメ釣りにでも行こか?」

2人あわせて小さいアイナメ6尾、もっとちっちゃいタケノコメバル4尾、アカオビシマハゼ10尾くらいかな?

そこへ小学校低学年4人が釣竿もってやってきた。
「おじさん釣れる?」
「ああ、バケツ見てみ? 釣れとるやろ?」
「わあ! いっぱい釣っとる! おじさんすごいわあ!」
「おじさんは釣りのチャンピオンじゃけえな! この前も銅メダルとったで!」
「何匹釣ったん?」
「152匹かの」
「すっげえ!」
ワハハハ! これでウソつきであることが証明されたのである。
ま、ホントに小さいのんは小学生にプレゼントして・・・・・・、
後は煮付けじゃあ! (どうでもええくらい前置き長いわな)


かくしておっきなクロダイの予定が、ちっこいアイナメの煮付けとなった1日なのであった。
これから相棒と食べるのである。



『釣り』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エドハゼ:春の干潟の魚たち⑧ | トップ | キセルハゼ:春の干潟の魚たち⑨ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

魚を食らう」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL