私魚人(あいうおんちゅ) ~定年親父の魚三昧:タナゴ仕掛けとガサで出会った魚たち~

50年続けた魚遊び。もう、胴長ガサガサもしんどい。ならば釣りだ。タナゴ釣りから珍魚・駄魚ハンターへ。何種釣れるか?

ニクハゼ:春の干潟の魚たち⑥

2017-05-25 21:47:19 | 夏の干潟の魚たち
ニクハゼ(2014年8月)


瀬戸内の小島の小さな河口干潟や内湾のアマモ場で採った

「肉色をしてるから」が命名の理由みたい

ウキゴリ属の中では一番海寄りな気がする

ニクハゼ ヘビハゼ クボハゼ キセルハゼ エドハゼ チクゼンハゼ ビリンゴ
ジュズカケハゼ シンジコハゼ スミウキゴリ シマウキゴリ ウキゴリ イサザ

と、強引に並べてみると
このグループが 「海から川や湖へと生活空間を広げようとしてきた」 と強く感じてしまうのだ。

新天地開拓にはきっといろんな苦労があっただろうに・・・・・・

ちなみに 『ビリンゴの幼魚とまちがえやすい』 とよく書かれてるけど
コイツがニクハゼ


コイツがビリンゴの幼魚


口の形と第1背ビレの模様がかなりちがうよね。

えっ? 
どっちでもいいって?

そりゃそうかもしれんな
 



ジャンル:
科学
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トビハゼ:夏の干潟の魚たち⑤ | トップ | シロチチブ:夏の干潟の魚たち⑦ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL