私魚人(あいうおんちゅ) ~定年親父の魚三昧:タナゴ仕掛けとガサで出会った魚たち~

50年続けた魚遊び。もう、胴長ガサガサもしんどい。ならば釣りだ。タナゴ釣りから珍魚・駄魚ハンターへ。何種釣れるか?

マハゼの天ぷら    モンドリうつほど美味し!  

2016-12-07 21:00:42 | 魚を食らう
 2016年12月7日 水曜日

 昼間に釣った大きめのマハゼ5尾を持ち帰ることにした。
20数年ぶりに料理してみようと思ったのである。

 
 バケツに海水ごと持ち帰ったのだが暗くなってもピンピン生きてた。

 若かりし頃は、マコガレイの5枚おろしなど、魚を調理するのは楽しくて仕方がなかった。
いつの間にか仕事のことを憂うつに考えてばかりいる人間になりさがってしまっていた。
家族や家庭のことなんて振り返る余裕もなく、もちろん料理なんてもってのほかだった。

 そんな私が再び包丁をにぎる日がきたのである。 
大げさでんな。


 塩でもみ、ヌメリを取る。
ウロコを落とし、頭を落とす。


 背開きにする。内臓とついでに中骨も取る。汚れた水にいたことは分かっているので、念のため。

 関西では腹側を開くのが一般的だ。
が、私は内蔵を傷つけずに取り除ける関東の背開きの方が合理的だと思う。
かるく塩をふり、しばらく寝かせる。あとは揚げるだけ。

 いやあ、美味かった! 
スーパーの魚とか、くるくる回るおすしの魚とかに馴染んでしまっていた私の舌には
「なんてえ上品な味わいの魚だあ!」とモンドリうってしまうほどの感動だった。
すっかり忘れてしまってたんだなあ・・・・・・と、しみじみ思う。

 こうなりゃネズミゴチも何もかんもお持ち帰りすればよかった、と相棒と語り合ったのであった。
楽しくて、安くて、美味い。こりゃあ、しばらくはまるな。





『釣り』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ネズミゴチ   ネズッポ属... | トップ | マゴチ    「改良スペシ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

魚を食らう」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL