私魚人(あいうおんちゅ) ~定年親父の魚三昧:タナゴ仕掛けとガサで出会った魚たち~

50年続けてきた川遊び。すっかりガタがきて、胴長でのガサガサもしんどい。ならば釣りだ。タナゴ仕掛けで何種釣れるかなあ。

ヒモハゼ:夏の干潟の魚たち③

2017-05-19 06:10:23 | 夏の干潟の魚たち
ヒモハゼである。


体長3~4cmほどの細く小さなハゼ。
夏が産卵の季節らしい。
小さくて、
じっとしてるとヒレをたたむし
泳ぎだすとドジョウみたくクネクネ動きまくるし
ホンマなかなかピントがあわない。


腹ビレが吸盤状になってるから立派なハゼの仲間。
第1背ビレがとても小さいね。

イト(糸)より太く
ナワ(縄)より細い
ヒモ(紐)を採用したネーミングがお気に入り。

ちなみにイトハゼはいない。
(訂正:クロイトハゼなど複数います。お詫びして訂正します。170524)
では、ナワハゼはどうか?
ま、いるのである。

オキナワハゼが。(意味ちゃうやんか!)


さて、記録を確かめてみると
近くの河口干潟で1年中採ってる。
例えば

3月

8月

採れる数はいつもとっても少ないけど。

さて、ここでクイズです。
Q.1年中成魚が採れることからどんなことが考えられるでしょうか?
 (答えは、あとでこのコメント欄に書いとくからね!)
 
こうしてこのブログの数少ない読者は2回見てくれることになるわけぢゃ!
(フフフ、おぬしもワルよのお!)

準絶滅危惧種
ジャンル:
環境
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イダテンギンポ:夏の干潟の... | トップ | ショウキハゼ:夏の干潟の魚... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
クイズの答 発表! (私魚人)
2017-05-19 19:22:04
考えてくれた人 ありがとうござます。

みなさん、大正解です。
生き物の生活史の答えは1つではありません。
分かっていないことだらけですし。

それでも気になる方は、道津喜衛「ヒモハゼの生活史(1955) 」をおすすめします。
半世紀以上も前に調べている人がいるんですね。

なお、優等生らしい解答例も書いておきます。
①1年を越える寿命だから
 (ハゼの仲間は産卵後死ぬことが多く、その場合は成魚が見られない時期があるのです)
②産卵期が長く続き、成長も早いから
 (ヒモハゼは5~8月とされてますが、1つの干潟でこのような長いスパンの産卵期を持つのかどうか・・・?)

以上、とりあえず解答とさせていただきます。









コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。