私魚人(あいうおんちゅ) ~定年親父の魚三昧:タナゴ仕掛けとガサで出会った魚たち~

50年続けた魚遊び。もう、胴長ガサガサもしんどい。ならば釣りだ。タナゴ釣りから珍魚・駄魚ハンターへ。何種釣れるか?

ついでに寄った図書館で・・・・・・

2017-02-13 17:58:16 | 書籍紹介
 2017年2月13日 月曜日

久しぶりにリアルタイムで書くのである。

強い寒波のせいで釣りに行く気にならん。
やむ無く今日も書棚にあふれた本の整理。
「二度と手にしないであろう書物」をダンボール数箱に詰め、古書店へ。
もう何十箱始末したろうか。
行きつけの古書店の「生物学・環境・ペット」のコーナーの大半を占めるようになってしまった。

ついでに近くの図書館へ。
もう書物をやたらめったら買ったりして、相棒を困らす訳にはいかんのである。

なのに、「いい本めっけ!」である。


『水族館発! みんなが知りたい釣り魚の生態』 海野徹也・馬場宏治編著(2015年 成山堂書店刊)

全国21の水族館の29名の飼育員が書いた「釣りと魚の生態」なのである。
釣り人の書くノウハウ本と違って、飼育・観察・経験・実践と知識に根ざしているので臨場感いっぱい。
ま、魚が好きで飼育員さんになっているのだから当たり前かもしれんけど。
例えば、「カタクチイワシの大水槽からサバだけを釣り除く」ようすや
「オキゴンベを釣る」ための工夫なんてのは、並みの釣り本ではない面白さである。
ときどき顔を出す大学の先生や学芸員さんのコラムもなかなかいい。

2年間も見逃していたのが悔しいが、斬新な内容に釣られ一気に読んでしまった。

買いたいけど、まだまだ身辺整理の途上じゃからねえ。
せめて紹介をと思った次第である。
『釣り』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大肚魚(カダヤシ)など、こ... | トップ | 馬口鱲屬(タカサゴオイカワ... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (shoyzi)
2017-02-13 19:06:38
私魚人様
読者登録ありがとうございます。
たいした記事は書けませんがよろしくお願いします。

              
Unknown (管理人)
2017-02-14 08:16:33
shoyzi様
コメントありがとうございます。
こちらこそロクでもない内容で申し訳ありません。
よろしくお願いします。

はじめまして! (紅実子)
2017-02-14 18:40:47
私魚人さま
読者登録ありがとうございます。
まず、そのネーミングセンス! そして、その淡水魚愛!まいりました。(笑)
私にとっては、未知の世界なので、興味津々です。
そして、その本好きの感じ、そこは、とってもわかるような気がします。
私も本好きです。
よろしくお願いします。
有難うございます! (管理人)
2017-02-15 07:37:49
紅実子 様

こちらこそよろしくお願いします。
駄文につきあってくださり感謝です。
ときおりおじゃまさせていただきます。

コメントを投稿

書籍紹介」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL