私魚人(あいうおんちゅ) ~定年親父の魚三昧:タナゴ仕掛けとガサで出会った魚たち~

50年続けた魚遊び。もう、胴長ガサガサもしんどい。ならば釣りだ。タナゴ釣りから珍魚・駄魚ハンターへ。何種釣れるか?

カラバラタナゴ 思い出語りの巻    釣査65種目

2017-02-24 07:51:07 | 中国大陸の魚たち
 2017年2月24日 金曜日

魚の姿を見なくなった。
いろいろ出かけてはみるが、1年前とは全然違う。
減ってしまった魚たちへ竿を出し、場荒れさせるのも何だし・・・・・・
結局しばらく眺めるだけにして家路につくことになる。

ということで、こんなときは記憶と記録を引きずり出すのである。

カラバラタナゴ(ウエキゼニタナゴ)である。


実に美しいタナゴである。
婚姻色に黄色を見事につかっているのはコイツくらいしかいないのではないか。
中国産をカラバラタナゴ、朝鮮半島産をウエキゼニタナゴと呼んで区別するけど
同一種であるとされている。
大陸では普通に見られるタナゴなのに日本や台湾にはいない。
なんで日本にいないのか? 不思議なタナゴなのである。

2013年5月、過密労働を後輩たちに振り分けて有給休暇を使い、4泊5日の中国への旅である。
初めての地では「タモ網ガサ」の方が手っ取り早い。
深みでは「モンドリ」の方が効率がいい。
なかなか竿を出す機会がないのである。

釣りにもってこいの湿地帯へたどり着いたのは3日目のこと。


水深は浅く、小さな魚たちが岸辺にそって走っているのである。
水は澄んでいてモンドリは適さないし、ガサも湿地帯であるためどこまで埋まるのか不安だ。
こういうときに釣りは効果的なのである。

今思えば、仕掛けもエサもひどいもんだったなあ。
「タナゴ釣りの型」にすっぽりはまってしまっていて、まったく応用力なし。
小さく小さくつけたグルテンに食いついてくれたタナゴの1つである。
ふるえるほどにうれしかったなあ。

最近は「怪魚ハンター」なんてのを本やTVでよく見る。
うらやましいのである。
できたら「珍魚ハンター」ってのもやってもらえたらもっとありがたいのである。
『釣り』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ひなまつりの巻 | トップ | アブラボテを撮りに行くべ!の巻 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

中国大陸の魚たち」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL