私魚人(あいうおんちゅ) ~定年親父の魚三昧:タナゴ仕掛けとガサで出会った魚たち~

50年続けた魚遊び。もう、胴長ガサガサもしんどい。ならば釣りだ。タナゴ釣りから珍魚・駄魚ハンターへ。何種釣れるか?

ネズミゴチ   ネズッポ属のスタンダード      釣査36種目

2016-12-07 16:04:50 | 周縁魚
 2016年12月7日 水曜日

 いつものように昨日100円分買った石ゴカイが余る。
購入後は続けて河口域や前浜干潟へと足を運ぶしかないのである。

 ネズミゴチである。




 我が家から最短距離にある干潟へと向かった。
だが、いつもの突堤は潮が引きすぎていてタナゴ竿では水面まで仕掛けが届かないのである。
「水際まで近づけばいいじゃないか!」という意見は至極ごもっともである。
私も近づいたことがあるのだ。
信じられないかもしれないが、ここは、突然一気にいとも簡単に腰近くまで埋まるのだ。
バケツと採集道具を手に、まるで「田んぼのかかし」のようにポツンと干潟に立つ姿を想像してみるといい。
思わず笑ったもんね。
すごく恥ずかしくて
「何やっとってんですかあ?」と声かけられたら、
「ゴカイ掘っとるんですよお!」と答えるべきか、助けを求めるべきか、などと冷静に考えたりもしたのである。
ピクリとも動かん。両足固定ギブス状態だったのである。
脱出のために全力中年が小1時間かかってしまった。
だから二度と近づかんのんじゃ! と言いつつ釣りには最適なので近くまでは行くけど・・・・・・。

 そこで、さらに海沿いに歩き、こんなとこで竿を出した。


 相棒の180cm竿・タナゴ仕掛けに「ネズッポ属の魚」がかかった。立て続けに3尾もである。クソッ!


 残念ながら、私は「ネズッポ属の魚」の区別がつかない。
ネズミゴチなのか、ヌメリゴチなのか、ハタタテヌメリなのか、セトヌメリなのか・・・・・・。
そこで、今回ははっきりさせるために体のいろんな部分の写真を撮って帰ることにした。
「魚自体を持ち帰ればいいじゃないか。」という意見は至極ごもっともである。
しかし、持ち帰るのであれば「飼う」か「食べる」かしてやらないと、と思うのである。
小さすぎるし、飼育の時の塩分調整はめんどくさいし・・・・・・。



 久しぶりに「日本産魚類全種の同定」という分厚い図鑑を引っ張り出して調べてみた。
今回、たどり着いた結論がもっとも普通種のネズミゴチだったんですね。

 ちなみに、名誉のために書くが私にも釣れたんでっせ。
アカオビシマハゼ・ウロハゼ・ヒイラギ・マハゼ5尾などなど・・・・・・まだ、ブログに載せていない種も含めてね。
ハハハ、嬉しいわあ。
マハゼは大きくておいしそうなので、持ち帰り三枚おろしにかかる。
今晩テンプラになる予定。
ホンマ、つくづく安上がりな遊びでんな。
『釣り』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クロダイとキチヌ   風立... | トップ | マハゼの天ぷら    モン... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

周縁魚」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL