私魚人(あいうおんちゅ) ~定年親父の魚三昧:タナゴ仕掛けとガサで出会った魚たち~

50年続けた魚遊び。もう、胴長ガサガサもしんどい。ならば釣りだ。タナゴ釣りから珍魚・駄魚ハンターへ。何種釣れるか?

キノボリウオ :田んぼの陽溜り・哀歓編   釣査118種目

2017-09-12 17:14:37 | タイの魚たち
「タイのチンマイ魚捕獲隊」 4日目(2017年8月2日・水) その⑪

キノボリウオ( Anabas testudineus )も釣った。


水深30cmほどの田んぼのタマリで。

コイツは、隊長に前々から
「いつでも誰でも釣れるよ」
「パンくずでもちょろいよ」
「東南アジアなら田んぼまわりのどこでもいるよ」と言われていたのである。

ぜひ一度お目にかかりたいと思っていたのである。

アタリはあれど、なかなか釣れない。
ガサに出かけた隊長もご機嫌で帰還。
撮影終えたら出発せんといかん、という頃にやっと釣れたんである。


いやあ、うれしかったなあ。

ちなみにキノボリウオという名だけれど、木にはたぶん登らない。
木に登れるのは、サルとおだてたブタくらいだと思う。

その後、ライギョの仲間を釣り落としてしまった。
いやあ、哀しかったなあ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加