私魚人(あいうおんちゅ) ~定年親父の魚三昧:タナゴ仕掛けとガサで出会った魚たち~

50年続けた魚遊び。もう、胴長ガサガサもしんどい。ならば釣りだ。タナゴ釣りから珍魚・駄魚ハンターへ。何種釣れるか?

私魚人のペスカトーレ:極上の逸品じゃわ の巻

2017-12-15 23:08:50 | 魚を食らう
2017年12月13日(水)

極寒の中、タカハヤとの闘いを終え、アニキ宅へ。

用意されていったのは「私魚人のペスカトーレ」。


まずは、メニュー代わりの直筆名刺。

これで私もペスカトーレが何なのか、おぼろげながら理解できた。
何せ、ミートソースとカルボナーラとペペロンチーノ、そしてナポリタンくらいしか知らない。
まれにレストランへ行くとしてもこの4つ以外恐くて注文できない。

目の前でチャチャッと作られていく。

10分後、テーブルに並んだ。


これまで900近いオリジナルパスタを創作し、
それらを今回と同じように名刺サイズに絵筆をふるい、
レシピと感想を書き続けているお方なのだ。

そりゃあ、美味いに決まっとるよね。


何といってもブログネームがそのまんま採用されとるし、
レシピとして保存されるし、
何より私の好みを知り尽くした味だったからである。

「今日はもう一つ何かが足りんかったね」
「乳化がうまくいかんかったんかもしれんな」
「アサリを入れる前にナンチャラをカンチャラして・・・」
アニキ夫妻の会話が上空を通過する。

うん?
専門用語が多くてよおわからんぞおっ~!
料理にはとんとうとい次男なのであった。

考えてみれば、
アニキは、絵筆と料理の腕を振り回し、
私は、タモ網と釣り竿を振り回し、
弟は、ラケットを振り回し(弟がおったんかいっ! おるんである。東日本に生息してるのである)、
絵筆も釣り竿と似たようなもんじゃし、
ラケットもタモ網も網でできとるようなもんじゃし、

ま、「振り回し3兄弟」とでも呼んでいただければ幸いなのである。

ごちそうさまでした。




コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

食い比べ : 書き落とし編②

2017-12-10 16:54:58 | 魚を食らう
これも忘れもしない先週の日曜日(1週間前だもんね)

2017年12月3日(日)

誠に申し訳ないのだが、カワハギにハリを飲ませて死なせてしまった。
こうなれば料理しようじゃないか。

カワハギ7匹(写真後に4匹追加)と、


タケノコメバル3匹と、


メジナ(グレ)幼魚5匹と、  (木っ端グレなんて人は言うケド)


シロメバル1匹と、


キジハタ1匹のみなさんも道連れになってもらうしかない。

酒と醤油だけで薄味の煮付けにした。
魚の味がしっかり分かるように。

あえて私の好みのもとに格付けをすると、
タケノコメバル>カワハギ>キジハタ>シロメバル>メジナ になるんだな。

メジナは食べごたえはあるケド、筋肉がしっかりしすぎで・・・
シロメバルは少々独特な香りがあるし・・・
ま、どれもこれも美味かったんだけどね。

みなさんの好みはいかがなもんでしょうね?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カワハギの一昼干し:濡れ手に肴じゃ!の巻

2017-09-24 07:52:39 | 魚を食らう
2017年9月23日(土)

(タイのメコン川付近での魚捕獲帯隊はトピックニュースのため後日に変更します。ご了承ください)

ふと思いついたことがあって、いきつけの漁港へ。
「よく釣れる小さなカワハギをどうしたもんか?」の解決策ができたのである。

4mmほどの小さなソデ針を飲み込んでしまうのである。
はずすのに弱ってしまい、逃がすこともできず煮物にしてたのである。
食うところも少ない割に手間がかかる。

「そうだ! 釣りながら干せばいいやんか!」なのである。

手のひらにのる「カワハギの一昼干し」作戦開始。


ハサミで第1背ビレの硬い棘を切り、手で皮をはぐ。
腹ビレの棘を落とし、内蔵を洗う。
持参した食塩で10%食塩水を作り、しばしつけておく。
代用干物かごに干す。

思ってたよりはるかに楽勝である。

途中、キイロスズメバチが幼虫のエサにする肉ダンゴ作りにやってきた。
「ワシのエサとんなあ~!」 タナゴ竿を振り回してたたかう。

ある程度、乾くまで帰れんのがかみさんには難点のようだが、こっちはウレシイ。

久しぶりのタケノコメバル。


「根魚たちはどこへ行ったんやろ?」と思ってたケド、そのままおったりしたんやね。

かくして、カワハギ一昼干しの完成である。


これが美味いの美味くないの・・・・・・
「どっちなんや!」
「あっ! 美味いんです。」 というド定番をかましておいて・・・・・・


いつかミリン干しにもチャレンジせんといけん。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イボダイ:空とモンドリも使いようの巻

2017-07-19 06:51:42 | 魚を食らう
2017年7月18日(火)

イボダイのあくんとうんくんである。


すんません。
この顔見とると、ついふざけたくなる。(あとちょっぴしつきおうてつかあさらんかの?)

日曜に買った「魚いろいろ200円」チームの一員なのだ。

コイツらを使って40年ぶりの干物に挑戦じゃ。

あの時は校舎の屋上にずらりと一面カタクチイワシを並べた。
毎日メザシ弁当を食った。
貧しいけれど豊かな鮮やかな時代だった。

ハラワタをとり塩水に30分、その後ザルへ。


さ、干すぞ!
といっても干物カゴなど持っとらん。

ええいっ!
モンドリじゃあ!
モンドリは小魚を捕る時に使う網カゴなのである。(県によっては使用禁止の所もあるよ)
ジッパーを開け、中に並べ、2階の物干し竿にくくりつける。


なかなかええやないの。

おっ? 穴から丸見えやないの。




あかんわ。ハエたち入り放題やんか。

そう、モンドリには
「小魚たちがエサにつられて入り込む出入り口が開いている」という
大きな欠点があるのだ。(それは欠点とは言わん)

とりあえず新聞紙で 「レインボーブリッジ封鎖しま~す!」

こうして朝、干物が無事完成したのである。


まるでスイミーだ。(知らん人はお子さんお孫さんの絵本を)
めんどくさいし出勤前で忙しいし・・・・・・フライパンで焼くわ。

むしって食べる!
ヤナギムシガレイの風味を少し強くしたクセといい、
塩味としなやかな身のしまり具合といい、
もう、もう、絶品やないの!
干物は買うもんじゃない、モンドリで作るもんじゃわ。

空とモンドリも使いようなのであった。

ちなみに、
イボダイのことを私はボウゼと呼んでいた。 ボウゼと。
コイツを買ったばかりに、日曜の釣りは・・・・・・
キジハタの子もメジナの子も見えているのに・・・・・・後はお察しくだされ。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ホウボウ:ほうばる煮付けの巻

2017-07-18 06:55:45 | 魚を食らう
2017年7月16日(日) 魚市場にて その②

ホウボウである。


ホウボウかどうかパッとわかる方法・・・・・・(つい、ホウボウと書きとうなるオッサンシンドロームが・・・)は
パッとすればいいのである。


なんで胸ビレ、こんな模様にせなあかんねん!
なんで暗い海の底でこの胸ビレ開いたまま歩かなあかんねん!

つくづく自然の摂理は深淵なるものだと思う。
人類の知恵など足元にも及ばない、なんて思ってしまう。

例えば、ある外国へと社員旅行、何千年もの歴史のある建造物を前に先輩の熱き説明が続いてたとする。
そこへ、その街では普通にいるらしいけど見たことのないトンボが飛んできたりする。
すると、大変なことになるわけだ。
当分先輩は口を聞いてもくれなくなる。(実話ではない、例えにすぎない)

私は今でもトンボとの出会いを優先・・・・・・

さておき、道の駅魚市場で買った「いろいろ200円」パック。


その中のホウボウ5尾の調理開始。


石頭である。
お友だちがカナガシラくんと呼ばれている理由がよくわかる。
そのかったい頭はみそ汁のダシになってもらうとして、


後は煮付けにしよう。

若く貧しかった頃、アニキと、今は師匠と呼んでる人と3人で鍋にしたことがある。
そのとき、ガザミ(ワタリガニ)の第4歩脚のホッコリした身とソックリだった。
「この魚、カニじゃあ~!」とおかしな雄叫びをあげながらむさぼった。
さあて、貧しさゆえなのか?
 
試してみるのだ!  (ん? 今も貧しいんとちゃうんか?)


上品なしっかりした旨い白身である。
が、魚の味である。
少なくともカニの味ではなかった。
こうして懐かしい淡い思い出も現実へと、あの頃やさしかった女性もゆるぎなき師匠へと・・・・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アカタチ:ムニエル絶品ですわ! の巻   

2017-07-17 06:22:42 | 魚を食らう
2017年7月16日(日) 魚市場にて その①

アカタチである。


赤いタチウオという意味なのかもしれないが、タチウオとは縁もゆかりもない。
1.泥底に巣穴を掘って暮らしてる。
2.小さいけどウロコがある。
3.顔つき・口元・歯並びが全然ちがう。

と、素人でもわかることがたくさんある。

京都のグジで有名な高級魚アマダイの親戚筋にあたるそうなのだ。
暮らし方や顔つきは、ガーデンイールに近い感じなのかな?

釣りへ行く前に先週立ち寄った道の駅へ。
なんせ先週ほとんどの魚が売り切れとった。
しかも今日、ここはイベントを開催する。

オープンの9時前に到着。
すでに人と車がいっぱい。
かみさんは「野菜詰め放題100円」の看板に吸いつけられとる。
私は、一目散に「地元産魚市場」へ。

「あったどお~!」
残り1パック。
『いろいろ 200円』と書かれた大きなパックをむんずとつかみ、レジに並ぶ。


どんな魚がどれくらい入ってるなんて考えてるヒマはない。
この1パックを持ち帰るために
クーラーボックスに凍らせたペットボトル数本を入れ、(釣りの途中で飲むんや)
多量の氷もフリーザーパックに詰め、(釣りの帰りでも冷えとらんと)
あげくに普段かぶらない帽子もかぶって、(釣りの途中に倒れると持って帰れんけんね)
でかけたのだ。

釣りのことは二の次で出かけるなんて、長い人生の中でほぼほぼないのである。

帰宅。
「さあ、開けてみるぞお!」
うわあ! ぎっしりつまっとる!」


トロ箱に並べてみる。


アカタチ7尾、ホウボウ5尾、イボダイ8尾。
これらの魚から
1.底引き漁で獲ったこと
2.コイツら収穫物としてはまとまった量が獲れていないこと 
3.2のために破格中の破格のお値段になってること  が、うかがえるのである。
つまり「お値段以上 ニトリ」なのだ、たぶん。
なんせアカタチなんぞ食ったことがないので食わないとわからない。

さ、料理開始。
ウロコをとり、頭をおとす。


あられもないきれいなお姿になる。


今回はオリーブオイルでムニエルに。(1尾は煮付けに)
魚の味を確かめるために一番いいような気がしたからね。

まるでカニカマ。


できあがり。


ついでの煮付けも。


煮付けはそれほど旨いとは思わなかったが、ムニエル絶品!
上品な白身である。(おはしの使い方で指導されるかもしれんな)


なんといっても皮が旨い。
アゴが落ちるほど旨い。
「ほんまやな?」
「いえ、ウソです。アゴ落ちてません。」
というギャグを久々に使ってみたくなるほどの美味であった。

ま、これくらいにしとこ。
みんなに知れわたってもいけんけんな。
読者の少ない今のうちなら大丈夫じゃけえな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ウロハゼを食べてみた の巻

2017-06-02 06:53:51 | 魚を食らう
2017年6月1日(木)

昨日に続き、師匠と仕事帰りに漁港へ。

師匠がウロハゼをお釣りになられた。


この漁港で釣れたのははじめてだ。
さすが師匠だ。(いつまで師匠と書かんといけんのんかなあ・・・)

その後もアイナメ・タケノコメバル・アサヒアナハゼと・・・
さすが師匠だ。

「小さい竿じゃけ、そんなに釣れたら楽しいじゃろな」 と地元のじいさん。
「ええ、ホントにこの竿だと大物が釣れた気分になりますから」 と師匠。
楽しそうに話しとるわあ。

昨日に続き、惨敗。トホホ・・・

持ち帰り、昨日の分も含め下ごしらえを私が・・・




料理は師匠が・・・


その中にウロハゼも・・・




さて、初めて食べるウロハゼの味や如何に?

まず、料理はしやすい。
生きてたけど、マハゼのようなヌメリが少なく、ウロコを落とすのも簡単だ。
身はしまってて固め、ポロリととれる。
味は淡白で上品。
マハゼと何がちがうのか?と言われても困るくらい・・・
つまり十分においしいのであった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クロダイが・・・・・・アイナメの煮付けに の巻

2017-05-05 18:21:13 | 魚を食らう
2017年5月5日 木曜日

友と昨日の干潟へ出かけた。
クロダイやボラの群れを見てもらうためでもあるが
ホントは昨日カメラを忘れたリベンジなのである。

な、なんと・・・・・・
出水口が閉ざされていて、まったく魚がおらんではないか!

「これだからなあ・・・・・・」 友が言う。
「ま、干潟でガサでもしとって! 釣りは試してみるけえ・・・・・・」

チチブとシモフリシマハゼとアカオビシマハゼしか釣れんじゃないか!

ガサから友がニコニコ戻ってくる。
「この干潟で初めてタビラクチ採ったわあ!」

「チクゼンハゼも結構おったし、先輩のおかげじゃあ!」
ま、なんとかつじつまがあったのである。

さらにだ。記録撮影中に昨日すくい網を貸してくれたおじさんが通りかかったのである。
「今日も来とるんやね、どうかいの?」
「全然ダメですわ」
「昨日はおっきいの釣ったのにのお! あんな竿でようあげたわ」
ラッキー! これでウソつきでないことが証明されたのである。

「この後どうするん?」
「アイナメ釣りにでも行こか?」

2人あわせて小さいアイナメ6尾、もっとちっちゃいタケノコメバル4尾、アカオビシマハゼ10尾くらいかな?

そこへ小学校低学年4人が釣竿もってやってきた。
「おじさん釣れる?」
「ああ、バケツ見てみ? 釣れとるやろ?」
「わあ! いっぱい釣っとる! おじさんすごいわあ!」
「おじさんは釣りのチャンピオンじゃけえな! この前も銅メダルとったで!」
「何匹釣ったん?」
「152匹かの」
「すっげえ!」
ワハハハ! これでウソつきであることが証明されたのである。
ま、ホントに小さいのんは小学生にプレゼントして・・・・・・、
後は煮付けじゃあ! (どうでもええくらい前置き長いわな)


かくしておっきなクロダイの予定が、ちっこいアイナメの煮付けとなった1日なのであった。
これから相棒と食べるのである。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アキアミのかきあげ   エビでハゼを釣る?

2016-12-09 17:47:43 | 魚を食らう
 2016年12月9日 金曜日 

 暖かい日差しが部屋に差してくる。まだ、イソゴカイが数匹余っとる。
「命は無駄にはできんけの。」を言い訳に、もっとも近場の河口域へと向かう。
途中にあるスーパーで昼めし用のパンを買うついでに「おさかなコーナー」を覗いてみた。

 なんと特売150円(約300gもあった)でアキアミが売られているではないか!
「エビでタイを釣る。」というではないか!
「アキアミでマハゼを釣る。」こともできるのではないか、と思いついたのである。
「もし釣れればイソゴカイを買わなくていいじゃん!」
よこしまな気持ちがフツフツとわき上がったのであった。



 釣り場へ到着。「金袖1号」という市販のタナゴ針を1回り小さくした針につけてみる。
やたらアキアミが大きく見えるから不思議だ。

 投入。静かにウキが沈む。あわせる。小物の手応え。イソガニ類(ヒライソガニ? イソガニ?)の連発。

 場所移動。最干潮の時間。パンをかじりながら「みお筋」を確かめておく。


 マハゼは、のっぺらとした干潟では淡水が流れ出してくる筋道に沿って上げ潮時に遡ってくると思うのだ。
実際、相棒と釣りをすると「すぐ隣なのにどちらかが全く釣れない」という結末に必ずなっているのである。
淡水の味にとても敏感なはずなのだ。

「フフフ・・・・・・何も知らんでのんびりしてはりますな。」
「こちとら準備完了。結果が楽しみでっせ!」

 潮が満ち始める。とりあえずタマリで釣っておいたシモフリシマハゼとツマグロスジハゼの写真記録にとりかかる。
「ありゃ? 忘れたがな・・・・・・。どの辺やったかいの?」
「どしたん?」
しぶしぶ説明をし、ずっと釣っていた相棒に位置を聞き、教えてもらう。
一投目、即おっきなマハゼ(帰って腹を開けると卵巣がはちきれそうだった)だ!
「どうぢゃ! 見たかあ! 科学と仮説に根ざした論理的展開の見事さを!」
「位置感覚のなさも輪をかけて見事よねえ!」
ただし、エサはイソゴカイ。まずは使い切らないとね。
教えてもらった手前、その後は交代で凹みへと投入。互いに2尾ずつ。
相棒は、私よりももっとおっきなマハゼたち。また負けたあ!

 さて、いよいよアキアミの出番だ! (前置き長過ぎまっせ!)


 ムムムッ・・・・・・釣れたのはケフサイソガニと豆ヒイラギじゃった。

「大量のアキアミをどうするん?」という問題が、このときにわかに湧き上がってきたのであった。
アキアミというが、アミ類ではなく立派なエビの仲間であり、乾燥・着色して「桜エビ」という怪しい名で売られていたりする。
焼きそばなどにふりかけてあるやつである。
「食うしかないが。今晩はマハゼの天ぷらとアキアミのかきあげぢゃ!」


「無茶苦茶うまいがな! 今度から特売の日の定番ぢゃ!」
塩で食らう。 誰もが知ってる味で表現すると、超濃厚かっぱえびせんなのである。
これを「グルメ」と言わずにおられようか! 

 よく考えてみると、「アキアミ⇒マハゼ⇒ヒト」という食物連鎖をへるはずだったのが、
「マハゼ⇒ヒト。アキアミ⇒ヒト。」というバイパスを通っただけのことであった。
マハゼに食われんで良かったわあ! めでたし。めでたし。



 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マハゼの天ぷら    モンドリうつほど美味し!  

2016-12-07 21:00:42 | 魚を食らう
 2016年12月7日 水曜日

 昼間に釣った大きめのマハゼ5尾を持ち帰ることにした。
20数年ぶりに料理してみようと思ったのである。

 
 バケツに海水ごと持ち帰ったのだが暗くなってもピンピン生きてた。

 若かりし頃は、マコガレイの5枚おろしなど、魚を調理するのは楽しくて仕方がなかった。
いつの間にか仕事のことを憂うつに考えてばかりいる人間になりさがってしまっていた。
家族や家庭のことなんて振り返る余裕もなく、もちろん料理なんてもってのほかだった。

 そんな私が再び包丁をにぎる日がきたのである。 
大げさでんな。


 塩でもみ、ヌメリを取る。
ウロコを落とし、頭を落とす。


 背開きにする。内臓とついでに中骨も取る。汚れた水にいたことは分かっているので、念のため。

 関西では腹側を開くのが一般的だ。
が、私は内蔵を傷つけずに取り除ける関東の背開きの方が合理的だと思う。
かるく塩をふり、しばらく寝かせる。あとは揚げるだけ。

 いやあ、美味かった! 
スーパーの魚とか、くるくる回るおすしの魚とかに馴染んでしまっていた私の舌には
「なんてえ上品な味わいの魚だあ!」とモンドリうってしまうほどの感動だった。
すっかり忘れてしまってたんだなあ・・・・・・と、しみじみ思う。

 こうなりゃネズミゴチも何もかんもお持ち帰りすればよかった、と相棒と語り合ったのであった。
楽しくて、安くて、美味い。こりゃあ、しばらくはまるな。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加