私魚人(あいうおんちゅ) ~定年親父の魚三昧:タナゴ仕掛けとガサで出会った魚たち~

50年続けた魚遊び。もう、胴長ガサガサもしんどい。ならば釣りだ。タナゴ釣りから珍魚・駄魚ハンターへ。何種釣れるか?

最終日は漁港への巻   台湾釣(ガサ)行㊿

2017-02-21 07:53:51 | 台湾の魚たち
 2016年12月28日 水曜日

最終日。
フライトまで時間がある。
私のわがままで高雄市近郊の漁港へ。
何にせよ魚であれば楽しいのである。
小さな露天の店先にはいろんな貝が並んでいる。
しっかりした店構えの軒先には大きなカラスミが所せましと干されている。
昨夜の夜店の7割くらいの価格である。

海は灰白色ににごっていた。

漁港の隅に小さな魚の群れを見つける。
パンねりで釣ろうとするが釣れない。
コンビニでサンドイッチを買い、具の肉で釣ろうとするが
「ありゃ、これ、ピーナッツバターじゃがっ!」というわけで釣れない。
魚の群れは、捕食行動のスイッチが入らない限り見向きもしないのである。
マキエなんかは、そのスイッチオンのために、セッセコやっとられるのである。
何の魚だったんかなあ。

人気アイドルのスケジュールみたいにぎっしりつまった1週間だった。


私はこの日まったく写真を撮っていない。
何となく感傷的になっていたのと少し疲れていたせいである。
そういえば昔はフィルムカメラで虫・野草・鳥・魚・愛娘を撮っていたなあ。
取り直しがきかないので1枚1枚真剣だったわ。
フィルムも富士フィルムが少し高く、いつもコダックフィルムを買っとったわ。
「ビンボー人のコダックさん」じゃったわあ。(ついてこれる人だけでええけんね)
いらんことを思い出すのである。


日本へ戻りたくないなあ。
このまま魚釣り・ガサをしていたいなあ。
と、思いつつ高雄空港へと向かうのであった。

台湾釣(ガサ)行、これにておしまい。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

湯鯉(ユゴイ)の稚魚を落し物の巻   台湾釣(ガサ)行㊾ 

2017-02-20 07:51:57 | 台湾の魚たち
記憶からすっかり消え去られとった魚のことを書き加えておく。

 2016年12月23日 金曜日

湯鯉(ユゴイ)の稚魚である。


この日に採れたオオクチユゴイの稚魚ととりあえず並べてみる。


採集したときは、
「なんか銀色のボラの稚魚っぽいのん採れたで。」と友に伝えたのである。
「う~ん。ボラとちゃうで。ほら。」と友が観察ケースで見せてくれたのである。
「ほんまじゃ。なんちゃらユゴイの子じゃわ。」

すっかりオオクチユゴイしか採ってないと思い込んでしまったのである。

友のツイッターで「ありゃま!」と気付かされてしまったのであった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

晩飯は再びセルフ大衆食堂での巻  台湾釣(ガサ)行記㊽

2017-02-19 08:13:30 | 台湾の魚たち
 2016年12月27日 火曜日

本屋での買い物を終え、地下鉄で戻る。
屋台通りを歩いてみた。
やはり一番気になるのはオニテナガエビ。
でも養殖ものじゃしね。
続いて気になるのはカラスミ。
でも禁酒して8年になるしね。

というわけで、初日に寄った24時間セルフ大衆食堂へと足を運ぶのであった。


今回は「ひとサジ○○元」と書かれている惣菜を思い切り取らせていただいた。
さらに
「おっ、小イカの煮物じゃ!」とふたつかみ。
「わっ、ワカメの煮物じゃ! 髪の養分じゃ!」とふたつかみ。
右のプレートが私。山盛り取っとる。
ところが、レジの店員さん全部ひとサジ分しか料金をとらないのである。
すごくあさましいわあ。
すごくはずかしいわあ。
記録もとらんままおぼろげな記憶でまとめているけど、この場面はくっきり覚えとる。

台湾という国、「おもてなし」なんて言葉を大上段にかかげてはいない。
それは「あたり前田のスライダー」なのである。
言いかえれば「あたり前田はスラッガー」なのである。(もうやめいっ!)

弱小カープを支えてきた2人にも優勝をあじあわせてやりたかったなあ。
(おっさん、話がかわってしもうとるが。)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高尾市の大きな本屋にての巻  台湾釣(ガサ)行記㊼

2017-02-18 08:40:00 | 台湾の魚たち
 2016年12月27日 火曜日

最後の採集が終わり、一路高雄市へ。
初日に泊まったホテルへ到着。
一度泊まっただけなのにすっかり常連客の気分である。
「おっきい本屋行こか。」
「ええよ。」
地下鉄で2駅くらい行ったところにある大きなデパートの17階。

本をめぐってのガサがはじまる。
私たちには「先に手にした方が勝ち」という暗黙の了解がある。
1冊しか置いていないことが多いからである。
お互い数冊の本を「生物学」の棚からチョイスした後であった。
「環境」の棚にあった「我的水中夥伴」という題名が気になり、手にとった。


なんと! 方力行先生の書かれた一般向け「台湾淡水魚類生態学」ではないか!
(後日「我的水中夥伴」は「私の水中のパートナーたち」の意味と判明)
大当たりなのである。
しかも260台湾元と大変お求めやすい値段なのである。
友の顔が少し引きつったのが分かった。

「この本、内容的にあなたの方がふさわしいけえ、ゆずるわ。」
「ええよ。ええよ。先に取ったもん勝ちじゃ。」
何度もヤリトリが続くがお互いゆずらないのである。

少しページをめくる。
台湾島成立の地史がたくさんの図やスケッチで分かりやすくまとめてられとるわ。
水質の悪化や河川圃場工事の影響などもしっかりページをさいとるわ。
店のお姉さんにストックの有無を聞いてみる。
PCですばやく検索し、この1冊しかないことが分かる。

しかたない。
私が買おうじゃないか!
パラパラと読み終えたらいつも世話になっとる友にゆずればすむことじゃ。
カウンターへ向かう。

なんと! 
「今ならさらに20%引き! と、驚きの価格でご紹介しています!」だったのである。
後日調べてみても、台湾の通販よりお求めやすいのである。

今回の釣(ガサ)行で、何度も私に幸運の神様が手を差し伸べてくれていた。
そのピークだったのかもしれない。

あれから何度か友に会ったけれど、いまだにこの本をゆずっていないのである。
今度渡さんとね。もう読んだから。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

脂鮠(タイワンアブラギギ?)は神様の贈り物の巻  台湾釣(ガサ)行記㊻

2017-02-17 07:36:16 | 台湾の魚たち
 2016年12月27日 火曜日

脂鮠(タイワンアブラギギ?勝手につけた名前)である。


台湾固有種のギギである。
台湾にすむギギの仲間は3~5種に分類されていて、
図鑑の大半は、そのうちの3種を載せている。
その違いがまったく分からないので、
今回唯一見解の違う図鑑に「おんぶにだっこ」して都合よく利用させてもらうのである。
すなわち「記載された5種にはわずかな違いしかなく脂鮠1種にまとめておく」というのである。
ラッキー!

さておき、友のタイワンハナマガリ若魚を逃がしてしまった私は、
スタート地点へと戻りながらタマリでのガサを続けるのであった。
「もうええよ。種類か違うわけじゃないし、帰ろ。」
「そうはいかん。迷惑かけっぱなしじゃもん。」
やむ無く友もガサに付き合いつつ、水路を下っていく。
そのとき、ふとある場面を思い出したのである。
「ガサをしとるとパニックになった魚が思いもかけん浅いとこで採れるんじゃ」
という友のお言葉と驚くほどの成果のことを。

2人が手つかずにしていた「枯葉が堆積した足首にも達しない浅瀬」でガサをする。
立派なタカサゴオイカワなどがワンサカ採れるじゃないか!
続けなきゃ! タイワンハナマガリの大きいヤツ採るまでは・・・・・・
「うわあ! 違うん採ったわあ!」
「なんなんな? うわあ! ギギじゃあ! 会いたかったギギじゃあ!」


友の喜ぶ姿を見てホッと胸をなでおろすのであった。
これで「挽回できた」と心底思った、
のも束の間であった。
彼の悔しさがバクハツし始めるのである。
「クソッ! ええ思いばっかしやがって・・・・・・! ブツブツブツブツ・・・・・・」

後日、立場を変えてよく考えてみれば分かるのであった。
自分の採った魚を逃がされるわ、帰りの時間も考えずしつこくガサを続けるわ、
挙句の果てに採りたかった魚を採られるわ、・・・・・・では踏んだり蹴ったりではないか!
困ったことに観察ケースに入らん立派なサイズじゃし・・・・・・。

かくして友の怨念にも似た悔しさを全面に浴びながら水路をスゴスゴ戻っていくのであった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

最後の水路で採った他の魚たちの巻  台湾釣(ガサ)行記㊺

2017-02-16 07:46:40 | 台湾の魚たち
 2016年12月27日 火曜日

台湾釣(ガサ)行最後の水路での話は続く。

枯れた水路を次のタマリへ次のタマリへとさかのぼる。


マダラロリカリアがバシャバシャはねる。
ティラピア類も走る。


どちらも毎回タモ網をにぎわせてくれるわ。
タカサゴオイカワやヨシノボリも採れ始める。

コイやフナ類も普段タモ網では簡単に採れないサイズがドンドン網に入ってくる。


魚たちにとっては逃げ場のないシュラ場である。

タイワンハナマガリ幼魚やカダヤシも採れる。


「おっ! やったで! はじめてじゃあ!」友が喜ぶ。
タイワンハナマガリの斑紋が消えた若魚を採ったのである。
さすがじゃなあ!
「わしのバケツに入れとくか? 底が深いけえ、安心じゃで。」気をきかせて私が言う。
そう、台湾東部のスーパーでしかたなく買ったバケツである。
ホンマ役に立つなあ。
「もっといろいろ採れるかもしれん。上行こ。」
ついにタマリはなくなり、平たい浅い水路へと変わっていくのであった。
「オワリにしよか。」「戻ろ。」お互い分かるのである。
終了じゃあ!

ところがじゃ。
「ありゃ? おらんわ。」
ガサガサやっとるうちにタイワンハナマガリ若魚ったら飛び跳ねて逃げとる。
「そうじゃろう。バケツゆらしまくっとったけえ、逃げるかもしれん思うとった。」
ホンマ役に立たんなあ。
申し訳のうて申し訳のうて・・・・・・水路を逆戻りしながら全身全霊ガサを続けたのであった。

こうして、最後にして最高のサプライズの舞台が整っていくのであった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

短吻紅斑吻鰕虎中部型を釣る巻  台湾釣(ガサ)行記㊹  釣査64種目

2017-02-15 08:12:17 | 台湾の魚たち
 2016年12月27日 火曜日

短吻紅斑吻鰕虎中部型である。


この旅の最後の釣(ガサ)行で釣らせていただいたのである。
釣ったコイツもやはりブサイクカワイイヨシノボリであった。


表現はえげつないかもしれないが
コイツを見てると「小さき頃にかかったハシカ」を思い出してしまうのである。

いずれにしても「タナゴ釣り仕掛け」は海外での釣りにすっごくいいぞお!
大物もいいけど、大物釣り仕掛けでは小物は釣れないもん。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

馬口鱲屬(タカサゴオイカワ)を釣る巻  台湾釣(ガサ)行記㊸  釣査63種目

2017-02-14 08:27:34 | 台湾の魚たち
 2016年12月27日 火曜日

馬口鱲屬(タカサゴオイカワ)でいいのかどうか・・・・・・


台湾には3種のオイカワに似た淡水魚がいる。
それらを区別してない頃にまとめてつけられた和名がタカサゴオイカワなのである。

さて、台湾最後のガサと釣りをしたのが、この用水路である。


水も干上がり、タマリにはロリカリアがワンサカいるのが見える。
正直ヤル気はわかない。
ま、日暮れも近くなるし、友は胴長をはきだしとるし・・・・・・え~い! やるかあっ!

大正解だったのである。

上流にさかのぼるにつれ、タマリは大きくなっていくのである。
そのタマリにはいろんな魚がゴヂャゴヂャと逃げ場もなくひしめいていたのである。
採り放題バイキングなのである。

そのときのガサ結果は後回しにする。

友がガサ終了後の撮影記録中(ありがたいねえ)に、再び水路へ降り、チマチマと釣ったんである。




体色と面構えがなんか日本のハスに似とる気がする。
ワザワザ日本からミミズを持っていってよかったわあ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大肚魚(カダヤシ)など、この川での出会いの巻  台湾釣(ガサ)行記㊷

2017-02-13 11:37:39 | 台湾の魚たち
 2016年12月27日 火曜日

大肚魚(カダヤシ)とティラピア類である。


どちらも国外外来魚である。

台湾中西部に流れるこの小河川ではコイツら・マダラロリカリアとやたら外来魚が採れるのであった。

あくまで推論に過ぎないけれど、移入・放流された過程はそれぞれに違うのではないか。
マダラロリカリアは前述したように観賞魚として
カダヤシは蚊の駆逐魚として
ティラピア類は食用魚として移入されたのではないかと思うのだ。
とするとだ。
放流の経緯はもっと複雑な過程を経て今に至っていることになる。

「外来魚は在来種を駆逐する」ので「絶対ダメ」とは言えないほどの状況になってるのである。

さて、カダヤシについて。
特定外来種に指定されていて「移動・飼育・販売」などを無許可ではできない魚である。
私の暮らす街でも20年前頃には「やたらめったら採れていた魚」なのである。
「競合する在来のメダカを絶滅に追い込む」と危機感を持ち、ガサをする度に駆逐してきたのである。

ところが最近すっかり目にする機会が減ったのである。
よほど汚れた水路やわざわざ瀬戸内島しょ部の小河川に出かけた時にお目にかかれるのである。
私が長年続けてきた成果である・・・・・・わけがない。
意外にメダカくんの繁殖力は強いのかもしれないのだ。
もしくは「メダカ飼育・品種改良ブームや教育現場」から見はなされたヤツが
ぎょうさん捨てられ、繁殖しとるのかもしれない。

さておき、この小河川で採れた他の魚も挙げておく。
ヨシノボリ類である。

こんなにいろいろ放流されていては、種名はよく分からないとしか言えない。

シマドジョウ類である。

中国大陸にいるものと同じ種であるとされているけど、遺伝子解析が進めば別種になるかもしれない。

さあ、台湾最後の釣(ガサ)行へ向かうぞお!
と、言いつつ「どこの川へ行くともわからん」ままの出発である。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

短吻紅斑吻鰕虎中部型はブサカワヨシノボリじゃ!の巻  台湾釣(ガサ)行記㊶

2017-02-12 08:08:45 | 台湾の魚たち
 2016年12月27日 火曜日

短吻紅斑吻鰕虎の中部型である。


台湾中西部の小河川でふつうにおった。

次に行った用水路でも簡単に採れた。


どう見てもブサカワヨシノボリなのである。

台湾南部で1尾だけ採れた南部型をあらためて載せると


コッチはとてもエレガンスじゃないか!

同じ種として生まれた姉妹とは思えんくらい「何かどこか違ってる」のである。

確かに短吻紅斑吻鰕虎について、台湾の図鑑には
・台湾でもっとも美しいヨシノボリである
・生息域と外部形態から「3つの型」に分けられる
と記されていて、それぞれの特徴が書かれているのである。

しかし不思議じゃなあ。
両側回遊、つまり「一生に一度必ず海に下る」であろうコイツらが
違う河川から流下したとしても海で混ざる可能性があるコイツらが
九州ほどの大きさの島国の地域によって、どのように3型に分化していったのだろうか?

こんなこと考えてる時は、とってもシアワセじゃね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高體鰟鮍(タイリクバラタナゴ)がわしには採れんぞ!の巻  台湾釣(ガサ)行記㊵

2017-02-11 11:44:11 | 台湾の魚たち
2016年12月27日 火曜日

高體鰟鮍(タイリクバラタナゴ)のペアである。


台湾中西部に流れるこの河川はいろんな淡水魚が採れるなかなかの河川だったのである。
行き当たりばったりにしては良い河川にめぐり会えたものである。
この「野生のような勘」は結構どこでも通用するからおもしろいものだ。

お互い好き勝手にガサをして、ある程度時間がたった後、成果を言い合う。
「高體鰟鮍(タイリクバラタナゴ)を採ったで。」
「えっ? どの辺で? わしも採りたいわ!」
あらためてガサをする。
一向に採れんじゃないかあ!

台湾に生息する鰟鮍(発音:パンピー)はタイワンタナゴとこいつの2種。
できたらこの手でゲットしたいのである。
ぐやじい、ぐやじい、と今でも忘れられんのであった。

ちなみに日本に移入されたものと中国某地域のものとコイツとの違いは
まったく分からんかったのである。
「おそらく他地域からの移入」だと思うことでヤセ我慢しようじゃないか!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

琵琶鼠魚(マダラロリカリア)は「極悪入侵魚」らしいの巻  台湾釣(ガサ)行記㊴

2017-02-10 09:23:29 | 台湾の魚たち
 2016年12月27日 火曜日

琵琶鼠魚(マダラロリカリア)である。


民家からの下水が流れ出す平瀬で採れたのである。
こんなふつうの小川におるのである。
いきなりでびっくりしたし、うれしかったし、写真もパチパチ撮らんといけんと思ったのである。


マツカサみたくがさついていてとっても持ちやすい。

ところが2匹3匹と採れていくし、友も採るし・・・・・・
だんだん初物の喜びはしぼんでいくのである。

次の水路では「なんぼでもおる」やんか!


水枯れしたコンクリート護岸のタマリにウヨウヨおる。
タモ網ガサでちっこいんもおっきいんもいっぱい採れる。


初物の喜びはすっかり枯れてしまったのであった。
むしろ、この異常ともいえる状況にゾワゾワと寒気がしてきたのであった。

さて、この琵琶鼠魚(マダラロリカリア)、一体いつ頃台湾に定着したのか?
あてにはならないがネットで調べてみると
「1970年代に水産業者(日本でいうペット業者)が放流したもの」と漢字だらけで書いてる。
「特に台湾中部・西部・南部でドンドン増えている『極悪入侵魚』である」とも書いてある。

たしかに日本でも水槽のコケ取り魚としてビールより安くペット屋さんで売られとる。
キチンと飼うと50cmを超える大きさになるので
「こんなはずじゃなかったわあ!」
「どうするん? どうするん!」
「殺して庭に埋めるしかない。ガチガチに硬いけえハンマーでなぐるで。」
「お父さん! お父さん! お願い! ロリちゃん殺さんでえ。」と娘はワンワン泣くし、
「埋める庭どこにあるん! うち安マンションじゃがっ!」と甲斐性のなさを責められるし、
近くの川へ一人ぼっちでコソコソと向かうことになるのであろうね、お父さん。

かくして「誰がいつ持ち込んだのか」分からんまま悪意もないままジワジワと広まったのかもしれんぞ。
わずか半世紀の間にである。
そうであれば余計しんどいなあ。

温暖な沖縄でもすっかり定着しているという。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

黃鱔(タウナギ)の幼魚だの巻  台湾釣(ガサ)行記㊳

2017-02-09 07:50:05 | 台湾の魚たち
 2016年12月27日 火曜日

黃鱔(タウナギ)の幼魚である。


台中市のホテルで朝食バイキングを食べ、出発なのだ。


パーキングは隣の大きなショッピングモールの地下である。
フロントで確かめていたけれど、車を出すのにとまどってしまう。
するとだ。
配送にきていた若い兄ちゃんが車を止め、スタスタと近づいてくる。
係の人を呼び出してくれたのだ。
おかげでスンナリとゲートを通過できたのである。
お礼をと思う間もなく、兄ちゃん急いで自分の車に乗り込み颯爽と去っていく。
「何というさりげない優しさじゃ。」
「ホント忙しそうにしとってのに。」
「自然にふるまうもんなあ。しっかり根付いとるんじゃろうね。」
そう、台湾にいる間ずっとこんな感じで過ごせたのである。
腹も胸もあたたかいものでいっぱいになったのである。

さあ、今日は台湾西部の河川下流域をいきあたりばったりである。
友が運転、私が川選びの役割だ。
「ちょっと止めて!」
良さそうなボサのある川を通り過ぎたのだ。


Uターンし、川べりのコンビニに駐車。
とりあえずかるくお買い物。
やっと日本の川に似とる川に出会えたのである。
「ガサするでえ!」
網目の小さい私のタモ網に入ってくれたのであった。
ヘンテコな魚であるほどありがたがる友がくやしがっとるから余計うれしい。
「きみは奈良で採ったでしょうが。ぜいたく言わんの!」

書き忘れとる。
日本では国外外来魚であるとされている。
が、分布が広がることもなく、一部地域に定着しているとのこと。
侵入時期はかなり古いみたい。
大陸の国から献上品として「金魚の祖先」とともに運ばれたとしたら・・・・・・
と勝手に想像してみるのである。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一路 南中市への巻  台湾釣(ガサ)行記㊲

2017-02-08 08:00:15 | 台湾の魚たち
 2016年月26日 月曜日

友が撮影しとる間にタマリを離れ、本流へ。


おっ! 釣りしとる! わっ! 竿曲がったが!
そう、ピシッとフィッシングスーツできめとるにいちゃんがでっかい魚をかけたんである。
逆光でよく見えんが、にいちゃんの所まで行けんのんである。
しばらくやりとりした後みごとに60cmオーバー釣り上げたわなあ。
思わず拍手。パチパチパチ・・・・・・
「グッジョブ!」と叫ぶ。
にいちゃんネット掲げて応えてくれとる。
いやあ、釣りによる国際交流じゃわあ。

さあ、台中市へ移動じゃ。
といっても私は助手席でのんびりしとるだけじゃけど。
駅前のこれまた格安ホテルに到着。
20時を過ぎ、悩んどる間に次々店じまいを始めとる。
台湾版セルフ大衆食堂に飛び込んだ。


あれやこれや皿に取りお会計。
お店の人が「スープは要らないのかい?」と何度も確かめてくる。
食っとる間に「小龍包40台湾元」に気づき追加注文。
どれもこれもうまいけど食いきれんわあ。
「つくづく幸せじゃなあ。」などと話している最中に友が気づく。
次々やってくるお客さん、何品かの料理に必ず持ち帰りスープを頼んどる。
「この店、豆乳スープ専門店とちゃうん?」



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小鰾鮈(コブクロカマツカ類)は任せたわの巻  台湾釣(ガサ)行記㊱

2017-02-07 08:07:46 | 台湾の魚たち
 2016年12月26日 月曜日

台湾の小鰾鮈(コブクロカマツカ類)である。


2種いるらしいが区別がつかないのでこの書き方にしているのである。

台湾のヨシノボリ類を立て続けに2尾、針を飲ませてしまった。
すぐに針をはずし観察ケースに入れても体色がどんどん落ちてしまう。
「悪いことしたなあ」と思いつつ、気を入れなおす。
「今度こそちゃんと釣るでえ!」
足場の悪い斜面を何度も上がり降りして場所を変え、仕掛けを下ろす。
テナガエビしか釣れなくなってしまった。
と、底石まわりに小さなコイツが張りついているではないか!
エサを落としても見向きもせんわな。
チロチロ動くようすをを見とるしかない。
「ま、友が必ず採っとるし、撮っとるけえ。」とたかをくくって任せることにする。
「いつもいつもハイエナさせてもらってすまんの。」

さて、コブクロカマツカ類。
中国大陸・朝鮮半島・台湾に少なくとも20種を超える種類がいるのである。
分布は広いし、そんなに珍しい淡水魚ではないのである。

なんで日本にいないんだろ?
日本列島成立の歴史を紐解く手がかりとなる淡水魚類の一つなんだろうな。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加