クズの本懐を思い出して考えた。

2017-03-20 15:26:54 | けいおん!
「僕じゃないから~君の嫉妬~」



君を滅茶苦茶にしたい

喘いで泣いて壊れるを見たい

そんな奴が居ることが不思議だった

何故そういう君でいるんだい?

愛を語り揺れる君

そうさ僕は君が僕じゃないから嫌いなんだ

僕とは違う

だから僕は同じにしたい

でも君は僕とは違うことがはっきり分かる

それが嫌なんだ



HしたいHしたい


これが支配欲だということが分かった

僕は君に嫉妬してるから

何故美しいんだろう

その美しさを僕にしたい

ねぇHしようよ



もうわかったろ?

これが僕の君への考察さ

君は醜いよ

僕と同じくな

自分じゃない物に近づきたい

それは恋だと思う

触れたい触りたい感じたい

でもきっとわかる

君が恋する相手と自分が同じになれないことを

だから壊すんだ

気は済んだかい?

僕は君を侮蔑する












律「こういう奴って居るよなー。」

紬「無垢な人を散々もてあそんで飽きたらポイって捨てるのよね。」

梓「あまり付き合いたくないですね。」

澪「むぅ。」

唯「どったの?悩ましい顔してー。」

澪「何て言うか・・」

紬「やおいの匂い感じるのよね?澪ちゃん。」

澪「な!そ、そうじゃないぞ!」

律「まぁその手の漫画にありそうだよな。」

澪「まぁ何ていうか。」

律「お前も危ないけどな。」

梓「どういう意味で言ったんでしょう?」
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 田舎に言ってきたので車で作... | トップ | 触感とは? »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。