gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

皇族離脱後も公務継続 検討へ

2017-05-20 09:07:13 | 日記
毎日

政府は皇族数減少の対策として、女性皇族に結婚後も公的な役割を与えて公務を継続する案の
検討に入った。結婚後も女性皇族が皇室に残る女性宮家の創設は当面先送りする。皇室典範などの法改正をしなくても閣議決定で対応できる。天皇陛下の退位を実現する特例法案が成立後、世論の動向を踏まえて判断する。

 退位に関する政府の有識者会議が4月に公表した最終報告は「皇族数の減少に対する対策について速やかに検討を行うことが必要」と明記。秋篠宮家の長女眞子さま(25)が婚約されることになり、民進党は女性宮家の検討を安倍政権に迫る。政権も何らかの対策が必要と判断した。首相周辺は「皇籍離脱された後に公務をサポートさせるのがいい。閣議決定でできるので、首相の判断次第だ」と話す。

 野田政権が2012年10月に公表した論点整理は、女性宮家創設のほか、女性皇族が結婚後に皇族を離れた後でも国家公務員として公的な立場を保持して公務を継続する案も記された。いずれも天皇の子と孫の「内親王」を対象とした。



女性皇族の宮家創設は
どうして 検討課題とならないのだろう

内親王に限って 宮家を創設は
国民のほとんどが賛成をするのでは?
このままでは 男の方はひとりだけでは
皇室の存続さえ危うい

女性天皇も 国民投票でもして
ほしいけれど
今の安倍政権では とうてい望めそうもない

もし愛子様が天皇になると それは男性天皇の
お子様なので 男系天皇
愛子様が男のお子様を生んで
その方が 天皇になると それが女系天皇
女系反対する勢力がいる

歴史上 女性天皇はいても 女系天皇はいない

今まで どうして女系天皇を認めない ひとつとして
万が一 女性天皇と結婚し男性が
権力志向なら 世が乱れるからとか
天皇を権力の具としないように?

今の時代に・・・イギリスのエジンバラ公は
エリザベス女王を立派に支えてきた

反対派の根本にあるのは男尊女卑ではないかと
さえ思う

今は21世紀 世界中に女王も多い
悠仁さま ひとりに重圧を押し付けて
それでいいのか?
もし悠仁さまが結婚されて 男子が誕生しなければ・・・

因みに 明治天皇も大正天皇も正妻の
お子様ではない
まさかの側室を復活なんて唱える声も
あるが そこまでして男系男系と
呆れる 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« テロ等準備罪の差し戻しを申... | トップ | また北朝鮮がミサイル発射 »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。