gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

五輪 都外の仮説整備費 全額負担の裏側・小池氏のイメージダウンを狙う?

2017-05-12 17:31:14 | 日記
夕刊フジ

東京都の小池百合子知事は11日午前、2020年東京五輪・パラリンピックの費用負担問題で、都外の競技会場の仮設整備費について「原則として都が全額負担する」意向を表明した。安倍晋三首相と官邸で会談後、報道陣に語った。また、注目の都議選(7月2日投開票)で、自身が事実上率いる地域政党「都民ファーストの会」の45人程度の当選が視野に入ったとの認識を示した。

 「(仮設整備費は)他地域の費用も負担する」

 小池氏はこう明言した。負担額は500億円前後とみられる。小池氏は当初、3月末までに決める意向を表明していたが、スケジュールが大幅にずれ込んでいた。

 このため、競技会場がある神奈川と千葉、埼玉の3県知事が「準備ができない」と激怒し、安倍首相に9日面会して早期決定への協力を要請していた。小池氏は即断で主導権を取り戻したのか。。

 小池氏は都議選で、23人を擁立する公明党など支持勢力と合わせて定数127の過半数(64以上)の獲得を目指している。都民ファーストの会から45人程度の当選者を出す手応えがあるか問われ、「あります」と答えた。擁立作業について「もう最終コーナー」とも語った。

テレ朝のスーパーJチャンネルによると

先日 神奈川県知事や千葉県知事などが
小池知事に 早急に費用負担を決断するように
詰めかけたのは 安倍首相が 小池氏の
全額負担を発表する前に 小池氏が決断を
できないような印象を与えるために 演出したの
ないかと 
それは都議選絡みの 攻防のひとつみたいだ

うーん 
確かに 黒岩知事(元フジ社員)は かなりきつく
都の回答が遅いことを 非難していた
後ろに誰かいないと強く出られるのか? 
あそこまで言わなくても 

真偽は不明だけれど 
選挙前 確かに駆け引きはあるだろう
小池氏も そうしたことに負けないで
ほしい 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 仏俳優 世紀の二枚目アラン... | トップ | 料理研究家 土井善晴が提唱... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。