炎と水の物語 2013 Apprehensio ad Ignis et Aquarius.

広大な宇宙を旅する地球。私たちは今、どの辺にいるのでしょう. 

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

チリ地震津浪の教訓

2005-01-25 | 人災社会学!
( 掲載画像は、プーケット島で観測された、大津浪前の退潮現象。) Andaman Graphic. Co.Phuket.の厚意)

インド洋沿岸の巨大津浪を教訓に、国際津浪警報システム導入について、議論が盛んです。
今から、45年前の1960年5月24日、死者行方不明者142人、破損家屋3500件余を出したチリ地震津浪、以前の日本の津浪防災水準について考えてみます。

この災害当時、岩手県大船渡にいた新聞記者の方に聞いた所、津浪の来る前、潮が大規模に引き、異変に気がついた漁船は、過去の数多くの津浪の経験から、自主的に避難をしていたといいます。
(このとき、気象庁からは、津浪警報は出ていませんでした。
気象庁は何をしていたのでしょうか。

チリで巨大地震が起きた当日の1960年5月23日、 「 ちょうど、当時の日本の地震学界の活動的な研究者が集まって、気象庁で会議があった。会議が終わった頃、地震課長に、ハワイから電報が届いたことが報告された。
しかし、出席者一同、それを単なる情報として受け取り、日本への津浪襲来を予想したり、そのような心配を発言する人は、いませんでした。
出席者の一人として、地震学者として、恥ずかしい限りでした。
三十年以上たった今でも、この気持ちは変わりません。 」

萩原尊禮 『 地震予知と災害 』p105より.(丸善. 1997年 )

今回、津浪で被害を受けた、スリランカや、インドの学者や役人の状況も、これと似たようなものであったのでしょうか。この地域での巨大津浪の周期は、230年という説もあります。システムを構築しても、稼動するのは、だいぶ先かも知れません。その頃には、末端まで、情報がいきわたるように祈りたいと思います。

現在、国際津浪警報システムが、あるのは太平洋の他、地中海だけです。地中海では地震があると、テレヴィ、ラジオのほかに、船舶無線でも、スペイン語、フランス語、イタリア語、ギリシア語などで、注意報、警報が送られる仕組みだそうです。

萩原尊禮 元東大地震研究所教授の、この著作には、阪神淡路大震災はじめ、いろいろな地震の興味深いエピソードが載っています。今の日本の地震対策は、こうした心ある学者によって、前進してきたと、言えるのでしょう。
しかし、どうした訳か「 日本海に津浪の心配はない。」と、別の東大教授?に、謂わしめた1983年の日本海中部沖地震については、何も書かれていないのが謎です。
心無い学者の不始末によって、多くの人命、財産が 失われ、歴史上の災害記録までが、ゆがめられ、闇に葬られようとしている現実もあります。
コメント (9)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 阪神淡路大震災からの教訓  | トップ | インド沿岸に到達した、歴史... »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
防げるものは・・・ (BD)
2005-01-25 21:18:57
 トラックバック、ありがとうございます。今回は22万人以上の死者だそうで。津波の恐怖をあらためて知らされました。もっと多くの人たちに知ってもらいたいものです。
盲点 (U-1)
2005-01-25 22:29:47
BLACK DIAさん ようこそ(^^)。

地震の予知は、困難でも、津浪は予知できますので、万全の体制を世界規模で、整えてほしいものですね、本当に。



日本海や、オホーツク海、東シナ海、南シナ海、ペルシア湾に、国際津浪警報システムは有るんでしょうかね。
TBありがとうございました。 (makiko kuzuha)
2005-01-25 22:56:57
津波については、これからの何十年かはきっと、皆気をつけるのでしょうが、天災は人間の盲点を突いてきます。

どんなに気をつけても、十分と言うことは無いのかもしれませんね。
民衆の知恵 (U-1)
2005-01-25 23:13:12
makiko kuzuhaさん,コメントありがとうございます。

ご指摘のとうり、数十年間は口碑として伝わるのでしょうが、次第に薄れていくことでしょうね。前回のインド洋の津浪は1883年のクラカトア島の余波だったと聞いています。



教育大切ですよね。和歌山の広村の「稲むらの火」のような話は、分かり易くてよいと思います。学者よりも、こうした知恵の方が優れていますね。
津波の恐ろしさ (o_sole_mio)
2005-01-27 22:57:14
こんばんは



昨年末のスマトラ沖地震は、津波の恐ろしさをまざまざと見せ付けましたが、チリ地震も地球の反対側で起きた地震にも関わらず、日本に津波が襲来し、大きな被害が出ました。



一部では津波警戒システムがあるとのことですが、一刻も早くグローバルな津波警戒システムが完成することを希望します。
盲点。 (U-1 (^^)☆)
2005-01-28 00:37:44
0ーさん、コメントありがとうございます(^^)☆☆☆



ご指摘の通りですね!本当に、土星の惑星に探査機を降ろすほど科学の発達した現代にあって、灯台基暗しとは、このことですね。



ちなみに、日本海、オホーツク海、東シナ海、南シナ海、アラビア海、カリブ海に、国際津浪警報システムがあるかどうか、「 防災科学研究所(@筑波市)」に問い合わせしておりますが、返事が来ません。

もしかして、ないかも。(^^;;
お役所のたらい回し (U-1)
2005-01-30 17:27:10
地理の部屋と佐渡島さま、コメントありがとうございます。



スマトラ沖の地震のせいで、世の中が少し、真剣になったような気も致します。それ以前は、ブロブを巡っていても、えたいの知れぬ浮ついたものが多かったのですが、最近は、かなり真面目な内容に、変わっております。



国内の津浪警報システムですが、地震が弱かったり、外国からの津浪の場合、釣り人や、サーフィンなどの人は、どうなるものやら心配です。



防災科学研究所から、メイルの返事がやっと来ました。「気象庁に聞いてくれ。」との一行のつれないものでしたよ。たぶん、無いんでしょうね。困ったものです。気象庁にも問い合わせのメイルを送っておきました..。



佐渡は歴史上、数々の津浪に襲われたことと思います。東大の宇佐美元教授、文化元年の象潟の地震の震源を、なんと鳥海山の山頂に置いております。酒田~象潟を襲った津波を無きものにしようというのでしょうか。
国内優先 (U-1 (^^)☆)
2005-01-30 22:32:26
地理の部屋と佐渡島さま、コメントありがとうございます。

独立行政法人化したからといって、お役所かたぎが抜けるわけではないと思います。

そこで働いているという人のブログを見ますと、脳天気丸出しです。



NHKの「稲むらの火」は、なかなかよい番組でしたね。古文書を読む人口が、多いためか、考証がしっかりしていました。



古い言い伝えですが、先ほどアレキサンダーの軍隊を、沈めたという地震について調べてきましたが、諸説あって、文書だけでは、はっきりししませんでした。登呂遺跡を埋没させた災害のように総合的調査が、必要と思いました。



新潟の地震も、何かなおざりの感がございます。外国にお金オくれてやるよりも、国内の困っている人を優先してほしいですね。春先の融雪時、危惧しております。
TSUNAMI (wentarapu)
2005-02-13 01:35:34
チリ地震津波の記事がありましたので。

URL だけです。ごめんなさい。



http://www.hiroi.isics.u-tokyo.ac.jp/index-saigai-shasin-chili-jishintunami.htm

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。