今週の一枚 / 新潟から
新潟市のあたりを日々撮り歩きしたものを週に一枚、撮れたならもっと選んで載せています。
 

バラ  





今年の庭のバラ
低温から急に高温、そして低温
気温の変化の大きな今年の一番バラの頃










コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )


« 夕暮れ雨雲万... 日射しの川沿い »
 
コメント
 
 
 
花びらの重なり方が‥‥‥‥ (コバ)
2017-06-10 16:06:53
 キレイなバラに育てられましたね〜〜
うちも、10種類ほど咲いてますが、キレイに咲かせるには、それなりの努力が必要なようですね(^^;
昨年から、消毒とか、水やりとか、鉢替えなどを手伝うようになりましが、教科書を見ながらの初心者です。
 花びらの渦の形をキレイにするための、肥料の配合とか、気をつける点は、あるのでしょうかね〜〜(o^^o)
 
 
 
花型の調整 (伊藤/kin_i)
2017-06-10 21:53:20
肥料管理にポイントがあります。
品種(花弁質)によって、肥料成分構成も若干変わるのですが
共通するのは
開花時期に肥料成分が残りすぎていないこと。
品種によっては窒素分の過剰で影響を受けるものもあります。
窒素分が多いと、葉が大きく育つのですが
耐病性が低くなることもあり、施肥量に注意が必要です。

ただ、鉢植えと地植えでは窒素分の流亡の度合いが変わります(概ね鉢植えが大きい)ので注意が必要です。
(水やりの度にとけ、鉢外に出てしまうため)

多くの場合
バラの肥料は均等配合のものではなく、
リン>窒素>カリのものが多く用いられます。
 
 
 
ありがとうございます (コバ)
2017-06-11 23:33:00
 快く教えて頂き、嬉しいです。(^_^)
寒肥のほか、簡単な化学肥料を気の向くままやってました。(^^;
施肥の時期と配合ですね、気をつけます。
バラを育てることが、より楽しみになりました。(o^^o)
 
 
 
この時期 (伊藤/kin_i)
2017-06-13 01:41:30
春バラの開花後
樹勢を付ける時期
秋バラも楽しんでください。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。