雑感日記

思ったこと、感じたことを、想い出を交えて書きたいと思います。

合併よりは連携

2009-12-18 04:11:00 | 発想$感想
箕面の倉田哲郎さん、ずっと注目している市長さんの一人です。

ごく最近やりかけたTwitterの世界も、倉田さんのご紹介のようなものです。
その倉田さん、今回のブログの内容は、

箕面市・池田市・豊能町・能勢町の2市2町の連携です。

詳しくは、ブログをお読みになれば、いいのですが、
今回は特に共感しています。

発想の柔軟性がいいですし、何でもかんでも組織を立ち上げて解決しようという、従来の発想から、少し離れた『連携』で解決しようとされています。
これは、『正解』だと思います。

大きな組織でも、小さな組織でも、或いは個人でも、
それぞれの独自性を持ちたがるのは、当然です。
それなりの特殊性や、特徴を持っています。
それを殺さずに、生かすためには、いいとこ取りの『連携』が最適です。


『「・・・だったら合併すればいいじゃないか。」

そんな声もあるかもしれません。でも、この2市2町に限らず、現存する市町村の多くは、いわゆる“平成の大合併”を経てもそうならなかった地域。つまり、それぞれの地域特性や行政施策の独自性がそれなりに強く、個性は守りたい想いをもっている地域と僕は理解しています。
だから、合併ではなく、別の手法で連携・効率化を実現する必要がある。』

とブログの中で、書いておられます。




大きい組織と、小さい組織が『連携する』とき、それが平等であることが、一番大事だと思っていますが、
それが、形の上で横一線に、上下の関係が生まれないのがネットの世界です。

昨日、取上げたNPO法人 The Good Times の『異種、異質、異地域の連携』もコンセプトと、よく似ています。

大阪府、だとか、県の組織が、国よりも大きいという指摘も面白いと思いました。
大きな組織は、絶対にダメですね。
私は機能別の組織を連携するそんなシステムが一番効率的だと、ずっと信じていますし、実績がそれを証明しています。

武雄のレモングラスもそうですし、樋渡さんの発想がそんな感じです。
倉田さんも、そういう意味で非常に柔軟です。
まだお会いしたことはありませんが、『ひょこむ』にお誘いしたら、直ぐ参加されました。トモダチです。


Twitter でフォローされたり、したりする関係にもなりましたので、
また新しい展開が出来るかも知れません。
ネットの世界では、世間ではエライ市長さんでも、年金生活者でも、私の年の半分の若手でも、みんなヨコ一線なのが、気に入っています。

とにかく、大きな組織は、大きいだけで、
あまり上手く機能しないのは、事実、実績が証明しています。


にほんブログ村 シニア日記ブログへ最後までお読み頂いて有難うございました。
お手数ですが、ちょっとクリックして頂けますか?


つぶやいています。








ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« NPO に明けて NPO に終わり... | トップ | 世の中の決まりごと »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
倉田市長 (はいびー)
2009-12-18 08:55:36
僕も倉田市長に注目しています。というか、以前、日経新聞にドーンと載っておられましたが、その思い切りの良さに惹かれます。

今、こういった市長が増えているのが心強いですね。国定三条市長もそうですし。

日本一若い市長経験者 (rfuruya)
2009-12-18 12:32:54
樋渡さん、国定さん、倉田さん、歴代の日本一若い市長経験者が、揃って官僚、総務省の出身なのも面白いですね。
官僚にも所謂、世間で言う官僚のイメージに遠い方もいっぱい居られるはずです。

何となく、お3人と繋がっていて、自慢できるのが、私の自慢です。
何かの、ご縁ですね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。