雑感日記

思ったこと、感じたことを、想い出を交えて書きたいと思います。

人は生きてる間にどれくらいの文章を書くのだろう?

2017-05-19 06:10:58 | 発想$感想

 ★ 最近は、何でも『検索』するとGoogle が教えてくれる便利な世の中である。

人は生きてる間にどれくらいの文章を書くのだろう?』と最近ふと思ったのである。

 私は一般の人よりは間違いなく、多くの文章を毎日書いているのは間違いない。

 文章を書くのは嫌いではないし、20歳の頃から日記は書いているし、現役時代もいろんな報告書や、計画書や方針などを文章で纏めることは嫌いではなかったので、そんな私が書いた文章の書類が手元にいっぱい残っている。

 

退職して、パソコンをやり出して、2006年からはブログもアップしだしたので、俄然文字数は大きくなったのは間違いないのである。

最近では、1日に5000文字以上は書くのではないかと思っている。

 

   

 

  文章を書くことが『商売』の記者や小説家は、一体『小説家は一生で何文字ぐらい書くのだろう』 と検索してみたら

こんなページが現れたのである。

  https://www.google.co.jp/?gws_rd=ssl#q=%E5%B0%8F%E8%AA%AC%E5%AE%B6%E3%81%AF%E4%B8%80%E7%94%9F%E3%81%A7%E4%BD%95%E6%96%87%E5%AD%97%E3%81%90%E3%82%89%E3%81%84%E6%9B%B8%E3%81%8F%E3%81%AE%E3%81%A0%E3%82%8D%E3%81%86&spf=1495083670242

 

そこに現れた文章を拾ってみると

話数と総文字数の壁。最低十万字無いと読む気がしない。という人たちがいます。十万字というのは、単行本一冊分です

 などの 記述があったりした。

単行本=10万字』としたら、私は20日で1冊の単行本分の文章を書いているということになる。

こんな記述もあった。


一生に書ける文章量・・・・・一日に書ける文章量というのは、自分の場合はどう頑張っても二万字ぐらいでした。三万時を越えたことは無い気がします。平均で一時間に二千字を書けるけれど、休憩が必要です。・・・・

私は1時間もあれば、1万字ぐらいの文章は書ける。なんでもすることは早いほうである。


一日の授業で、原稿用紙一枚分を書くとして、一年に二百日学校に通うとすると八万字です。
義務教育の九年を掛けると、七十二万字です。高校、大学なども考え、さらに試験なども考えると百万字では到底足りなさそうです。・・・・百万字では足りないのは明らかなように思いますし、一千万字でも少し危ない様に思います。一億字以上はある様に思います。
 
などの記述があったりした。
実際にはなかなか1億字は『ムツカシイ』と思ったりするが、私の場合は既に1億字は既に達成しているかもしれない。
単行本が10万字だとすると、1000冊を執筆したことになる。
最近はパソコンが出来たので、文字を自分で書くよりはちょっと早いのではと思うのだが・・・
 
『それがどうした?』と言われると、『どうということもない』のだが、ここまででざっと『4000字』なのである。
 
 
★こんなことを、考える人は珍しいとは思うのだが、『小説家は一生で何文字ぐらい書くのだろう』と検索したら、その答えが現れるということは、世の中には同じようなことを考える人もいるのである
然し、それはちょっと『変わった人』で普通の人はそんなことは考えないのかも知れない。
 
やはり、私はちょっと『変わっている』のかも知れないのである。
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 薮本吉秀三木市長 雑感  | トップ | 薮本三木市長辞任の挨拶 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。