雑感日記

思ったこと、感じたことを、想い出を交えて書きたいと思います。

いい時計を欲しがる心理??

2017-05-06 05:47:50 | 発想$感想

★こんな記事が、二つも載っていた。

 

   

 

 

   

 

 

セイコ― も シチズン も銀座に直営店を出したらしい。

こんな記事の内容である。

シチズン時計は、銀座6丁目にできた商業施設「GINZA SIX」(ギンザ・シックス)に、世界初となるグループの直営店をオープンした。4月20日の開業日に早朝から並んだお客の目当ては、世界で最も薄い光発電時計「エコ・ドライブ ワン」の限定セット(税抜き75万円)。

 

★世の中の高級品、例えば車などと違って、時計の機能は『幾ら高くても、全く同じ』なのである。

今の世の中、時計はいたるところにあるし、スマホにも表示されるし、『時間を知る』ということでは、時計など持たなくても不自由しない時代になっている。

仮に、持ったとしても、その機能は特別のものではない。

 

それなのに、人々は『いい時計』を持ちたがる。

これは、『なぜかな??』と思うが、自分でもよく解らない。

 

★かくいう私も、時計に非常に関心を持った時期が、人生で2度あった。

一度目は、大学に入ったころで、確かには覚えていないが、腕時計を持っていなくて、(その頃はそんな時代だった)兎に角『欲しかったのである』 その時代時計は贅沢品で、今のように1000円、2000円の物はなくて桁は一つ多い1万円台が多かった。

不思議だが1960年代のまずしい時代、1000円や2000円の時計や靴はなくて、結構高かったのである。50年経って給料は何十倍にもなっているのに、時計や靴は当時よりも安いものも買える時代になった。

就職して、『やっと時計が買えた』初任給は12000円だった。

 

もう一度は、ずっと後になって、一度目の退職金も貰い、子どもたちが就職して、ちょっと懐に余裕が出来た時代、『なぜか時計に凝って』何十万円のものは買えなかったが、10万円前後のものを、何個も買いあさった時期がある。

その時も、なぜそんなに『時計に魅力』を感じたのか?と自問自答してみても、答えが見つからないのである。理由はよく解らないが、兎に角欲しかったのは事実である。

今現在は、腕時計は殆ど使わない。神戸などに外出するときだけ使っているが、その時も2000円ほどの時計をすることの方が多い。腕に付けても『軽いから』がその理由だろう。1個だけ『オメガ』の時計が動いているが、1年に使う頻度は間違いなく10回以下である。

その他の時計は、みんな眠っていて、電池が切れているが、電池を入れる気がしない。

 

 

  

 

 このグラフを見る限り、ホントにどんどん伸びているのである。

 幾ら、考えても『なぜなのか?』 その理由はよく解らないのだが・・・・

 二つの記事、並べておきますので、関心のある方は読んでみてください。

 

  http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/278209/050200036/?rt=nocnt

 

  http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/278209/050200036/?rt=nocnt

 

★ 人間不意議なもので、『欲しい』時は、その理由などないのかも知れない。

女の人の『バッグ』などもその一種かも知れない。

家内も、何故か『バッグ』を買いたがる。最近は高価ななものではないのだが、兎に角『買いたい』ようである。

つい先日も『しょうもない、安物の小さいバッグ』をコープで買っていた。

それにしても、何百万もするようなものを『欲しがる心理』は何かなと思う。

 

ゴールデンウイーク 暇だから、そんなことを考えながら過ごしている。

 

 

★NPO  The Good Times のホ―ムページです

★ 今年4月に始めた Instagram です

★燦々Sun Sun です。

★会員さんのブログです。更新されるとすぐ載ります。

★毎日発行される NPO The Good Times 新聞です。

★58万人フォロワーのいる公式ツイッターです。

 雑感日記のEnglish Version です。

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 田崎さんからの メール と写真 | トップ | 我が家の薔薇たち »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

発想$感想」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。