雑感日記

思ったこと、感じたことを、想い出を交えて書きたいと思います。

小保方晴子さんの会見を観て

2014-04-10 06:13:21 | 発想$感想

★昨日1時からの小保方晴子さんの記者会見を観ていた。

不正と捏造』と決め付けられた今回の論文問題だが、

あの会見を見る限りにおいて、『不勉強、未熟、自己流』であったことは、自らも認めたが、決して悪意を持ってやったものではなく、

 

 

 

 

    『STAP細胞 200回以上作成に成功』しており、『論文撤回は正しい行為ではない』と言い切った。

 

★議論の中身が非常にムツカシイもので、私などに解るレベルを超えているのだが、

人が言葉を発するとき、それが真実を伝えているかどうかぐらいは、判断出来る。

 

少なくとも、渡辺さんの記者会見や、先日見た理化学研究所の記者会見などに比べて、伝わってくるものが全然違っていた。

私は、信じてあげたいと思う

 

昨日記者会見の直後、Facebook にアップした

 

   

 

 

 

沢山の『いいね』を頂いたし、殆どのコメントが小保方さんに同情的だった。

 

  

 

  ツイッターでの反応も同じようにすごかった。 フォロワーは1日で549人になったりした。

 

 

★ 新聞やマスコミの論調はどんなことになっているのだろうか?

 理化学研究所がどんなところかはよく知らぬが、

 もし、この問題に問題があるのだとすれば、それは小保方晴子に問題があると同時に、

 自らの組織内の人材やその活動を管理しきれなかった、理化学研究所のトップや管理体制にこそ問題があるのだろう

 『不正や捏造』でトカゲのしっぽ切りをするような体質こそ、治さねばならないのではなかろうか?

 

 

 

English Version です

★NPO  The Good Times のホ―ムページです。

★会員さんのブログを集めた Tumblr です。 

★毎日発行される NPO The Good Times 新聞です。

39万人フォロワーのいる公式ツイッターです。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 二輪文化を伝える会 | トップ | 4月新人事、新組織の季節 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。