なりそこないgooマフィア

PCにまつわる日々の出来事を綴っていきたいと思います。

windows10 のデバイスドライバーについて

2017年07月12日 23時03分37秒 | Windows10
Windows10のデバイスドライバーは、かなりサポートされているようです。

Windows10 に Upgradeしてから、何度か、デバイスドライバーがおかしくなり(動かなくなり)、泣く泣く、アンインストールをしましたが、再インストールをしようとすると、インストーラが古いOSにしか対応しておらず、再インストールの途中で、

「OSが違います」

のような無情な表示をして、途中で止まってしまいます。

この時の解決策を書いておきます。


解決策1)

ドライバのインストーラが、最初に自己解凍されるタイプのインストーラなら、途中で止まっても、
解凍されたドライバが出てくるので、

デバイスマネージャを開き、目的とするデバイスのところで、右クリックして、
「ドライバーソフトウェアの更新」を選択して、

「コンピュータを参照してドライバーソフトウェアを検索します(R)」
→「次の場所でドライバーソフトウェアを検索します」の右側に「参照」ボタンが
あるので、そこから、解凍されたドライバがあるフォルダを選択して、
「次に」で、強制的にインストール。

何も問題がなければ、このままインストールできます。

#異なるOS(Windwos Serverのドライバとか)でも、ドライバが動くものが、まあまあ有るので、
#一回試してみた方が良い。

解決策2)
ドライバがおかしくなり、アンインストールした状態なので、ドライバが全くインストールされていない状態ですが、

「何も考えずに再起動する」

ここで、戸惑ってはいけません。強制的に エィ!! っと ^^;)

すると、あーら不思議。

再起動が完了すると、Windows10が適切なドライバを自動的にインストールしてくれています。

私がよく悩んだのが、サウンド(音関連)ドライバで、DellからWindows7用のサウンドドライバが公開されているのですが、
Windwos10では、インストールができず、そのまま再起動すると、「HighDifinition Audioデバイス」の
ドライバが自動的に組み込まれていました。

このあたりは、よくできていると感心しました。

#以前のWindos7では、ドライバをインストールしないと、ウンとも、スンとも動きませんでしたからねー。
『OS』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« windows10 (hp dc5800)にRAMD... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。