豪州落人日記 (桝田礼三ブログ) : Down Under Nomad

1945年生れ。下北に12年→東京に15年→京都に1年→下北に5年→十和田に25年→シドニーに5年→ケアンズに10年…

湿原と岩木山

2017-07-27 10:46:38 | 青森
7月27日(木)快晴
 
青森県の西海岸は日本海から強い西風が吹き、砂丘、埋没林、湿原が多い。海辺の丘陵地帯ではスイカとメロンの栽培が盛んだ。湿原では6月下旬にニッコウキスゲ、7月上旬にノハナショウブの群生が見られる。木道を巡り歩くとミズバショウ(水芭蕉)、モウセンゴケ(毛氈苔)、ネジバナ(捩花)、エゾスカシユリ(蝦夷透百合)、トキソウ(鴇草)、ミズチドリ(水千鳥)などが見つかる。期待していたほど観光客が来ないので木道が荒れているのが残念。遠くに岩木山(1625m)がかすんで見える。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本最古のリンゴの木 | トップ | 津軽三味線 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

青森」カテゴリの最新記事