豪州落人日記 (桝田礼三ブログ) : Down Under Nomad

1945年生れ。下北に12年→東京に15年→京都に1年→下北に5年→十和田に25年→シドニーに5年→ケアンズに10年…

エネルギー情勢の変革

2017-05-11 11:54:48 | 原発
5月11日(木)快晴
 
重電世界2強の独シーメンスと米ゼネラル・エレクトリック(GE)の業績が堅調だ。けん引役は電力事業。天然ガスで発電するガスタービンや風力発電向け機器などが絶好調。両社ともに2011年3月の日本の東日本大震災を機に原発事業から距離を置き、経営資源を火力や再生エネルギーにシフト。原発に注力し続けた東芝との明暗が分かれた。世界のエネルギー情勢の変化、産業構造の革新についていけない日本の重電御三家(日立、三菱、東芝)は青色吐息だ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 30年以内に大地震 | トップ | 国産有害食品は国内消費 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

原発」カテゴリの最新記事