豪州落人日記 (桝田礼三ブログ) : Down Under Nomad

1945年生れ。下北に12年→東京に15年→京都に1年→下北に5年→十和田に25年→シドニーに5年→ケアンズに10年…

ヤママユ(山繭)

2017-05-15 10:54:40 | 動物
5月15日(月)快晴
 
カイコガ(蚕蛾)は ミツバチ(蜜蜂)と並ぶ古代からの家畜昆虫。品種改良が進んで人間の世話なしには生きていけない。野生種で蚕と同じように絹を吐く蛾はヤママユ(山繭)と呼ばれる。ケアンズには世界最大種の大山繭が生息。成虫は口が退化しているので餌を食べず、幼虫時代に体内に蓄えた脂質を使い果たして、死ぬ1週間以内につがいを探す。発達したオスの触覚は2㎞離れたメスの放つ性フェロモンを感知できるといわれる。キュランダの蝶園で実物が見られる。
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ついていない日 | トップ | マングローブ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む