豪州落人日記 (桝田礼三ブログ) : Down Under Nomad

1945年生れ。下北に12年→東京に15年→京都に1年→下北に5年→十和田に25年→シドニーに5年→ケアンズに10年…

財政再建をやる気がない没落国家

2017-05-26 10:39:09 | 政治・経済
5月26日(金)晴
 
政治家は日本の未来がどうなろうと関係ない、自分の現在の地位と利権だけを大切に考えている。日本の国債総額は1062兆円。国民1人当たり837万円の借金だ。政官は財政再建に全精力を注ぐべきなのに「国債は返さなくても大丈夫」と涼しい顔。独豪など財政健全国はあきれている。喫緊の課題は財政や金融政策や社会保障の立て直し。既に日銀保有の国債に値が付かないぐらい危ない状態で、贋金作りのアベノミクスは完全に破綻しているのに…。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« キャッシュレス社会 | トップ | 教育に出し惜しみする日本 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む