豪州落人日記 (桝田礼三ブログ) : Down Under Nomad

1945年生れ。下北に12年→東京に15年→京都に1年→下北に5年→十和田に25年→シドニーに5年→ケアンズに10年…

FCV(燃料電池自動車)は道を誤る

2017-06-15 11:38:30 | 技術
6月15日(木)曇
 
日本政府は5年前から国策としてFVCの実用化を目指している。しかし燃料となる水素の扱いにくさとコストがネック。水素ステーションの建設というインフラ整備にも巨額の投資を要し、発電効率は30%程度であまり高くはない。 対してEV(電気自動車)はシンプルで、モジュラーを集めて簡単に組み立てが可能。 バッテリーの性能が向上すればFCVは市場から放逐される。それでも原発同様いったん国策になれば方針を変更できないのが日本だ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本の「宴会文化」 | トップ | タワーマンションは危険 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む