豪州落人日記 (桝田礼三ブログ) : Down Under Nomad

1945年生れ。下北に12年→東京に15年→京都に1年→下北に5年→十和田に25年→シドニーに5年→ケアンズに10年…

マングローブ

2017-05-16 12:54:06 | 植物
5月16日(火)快晴
 
ケアンズでは海岸や河岸の至る所でマングローブが見られる。マングローブとは熱帯から亜熱帯地域の汽水域に広がる森林と植物を指す。東南アジア、インド、南太平洋、豪州、南北アメリカ、アフリカ等に分布。マングローブ林を構成する植物は世界に70-100種。自然の防波堤、生物の育成、海の水質浄化などに寄与している。しかし東南アジアでは木炭とエビの養殖で乱伐が進み絶滅の危機。人類の生息域の拡大が地球の寿命を縮めている。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヤママユ(山繭) | トップ | 豪州の蜂蜜 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む