ビール紀行~旨いビールを求めて~

旨いビールを求めて国内外のビール醸造所や直営ビアパブへ旅をします

ラガー系が素晴らしい 塩嶺麦酒(その3)

2017-01-04 22:48:58 | ビール紀行(甲信越)
前回の「塩嶺麦酒」の続きです。


醸造所に到着。

     

     

     

森の中の小さな醸造所、なかなか素敵です。醸造所のみの建物ですね。外から中の様子が見えるようになっています。ラガー系のビールが多いためか、貯酒タンクの数が多いように見えます。

     

こちらで醸造しているビールのラインナップが掲示されていました。以前よりも種類が増え、ラベルも変わったようです。ブランド刷新といった感じ。

     

     

     

醸造所ではビールを提供していないので、提供するビールの多いレストランへ移動します。こちらが街のレストラン「アプフェルバーム」です。開放感のある屋外の席もいいですが、中でビールを頂きます。

     

     

     

レストランの店内の様子。ドイツっぽい木を基調とした店内。かなり広いです。こちらは基本セルフで、カウンターで注文・会計をして、席まで運ぶ形式。

それではお待ちかねのビールを頂きましょう。

(続く)



信州塩尻農業公園 チロルの森
長野県塩尻市大字北小野相吉5050 
TEL:0263-51-8100 

◆ランキングに参加しています。よろしければ応援をお願いします。◆
  にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ  
あああ     
ジャンル:
お酒・お茶
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ラガー系が素晴らしい 塩嶺... | トップ | ラガー系が素晴らしい 塩嶺... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ビール紀行(甲信越)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL