ビール紀行~旨いビールを求めて~

旨いビールを求めて国内外のビール醸造所や直営ビアパブへ旅をします

復刻ビールがさらに 知多マリンビール(その1)

2016-10-19 18:34:05 | ビール紀行(中部・東海)
愛知県には未だ全国的に知られていない素敵なビールがまだまだあります。そんな地ビールの中でも今回からは南知多町の「知多マリンビール」へのビール紀行をお送りします。知多マリンビールは比較的昔からある歴史あるビール。ドイツスタイルのビールを基本とし、地元の人にも受け入れられやすいサッパリとしたテイストが特徴。また「半田赤レンガ建物」で明治から造られていた「カブトビール」を復刻させて醸造しています。最近はこの明治時代のビールを復刻させたカブトビールに加え、最近は大正時代の復刻版カブトビールも発売されました。地ビール業界の中で、復刻ビールに力を入れている醸造所も珍しいと思います。醸造所は海を臨むレストラン「ビアシティ南知多」内にあり、旨いビールとバイキング料理を楽しむことができます。今回はこちらのレストランを目指します。醸造所へのアクセスですが、名鉄知多新線の内海駅より徒歩約20分。醸造所方面のバスが無いので、基本徒歩かタクシーになります。

     

     

名鉄知多新線で終点の内海駅に到着。名古屋駅からひたすら南へ約1時間。愛知県も広く感じます。

     

     

     

内海駅と駅前の様子。高架上の駅でその下が改札になっているだけの簡素な駅舎。駅前は住宅街。ここから歩いて醸造所に向かいます。

     

     

     

まずは駅前からひたすら歩き、海沿いを通る国道247号線に出ます。

     

     

海水浴場のエリアを抜けひたすら歩いて行くとその先は・・・。

     

     

開放的な海が見える国道になります。素晴らしい、この爽快感。これなんです。これも知多マリンビールの味の一部なんです。

(続く)



ビアシティ南知多
愛知県知多郡南知多町大字内海字口揚4-1
TEL:0569‐64‐0247

◆ランキングに参加しています。よろしければ応援をお願いします。◆
  にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ  
あああ     
ジャンル:
お酒・お茶
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 祝20周年 呉ビール(最終回) | トップ | 復刻ビールがさらに 知多マ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL