ビール紀行~旨いビールを求めて~

旨いビールを求めて国内外のビール醸造所や直営ビアパブへ旅をします

新しいブルワーへ やみぞ森林のビール(その1)

2017-04-05 17:01:18 | ビール紀行(関東)
「やみぞ森林のビール」を醸造する茨城県大子町の「大子ブルワリー」は関東の地ビールの中でも大好きな醸造所の一つ。ビールに旅をさせずに、ビールを飲むために自らが旅をするビール紀行の醍醐味を味わえる醸造所です。醸造所は辺鄙な場所にありますが、ビールの味は本格派。硬派なドイツスタイルのビール造りを創業以来貫かれています。そんな大子ブルワリーが新たなブルワーさんに造り手が交代するとの情報を得ました。そこで新体制に移行する大子ブルワリーに久しぶりにビール紀行してきました。今回の訪問は初の夜の営業時間帯の訪問です。夜の大子ブルワリー、どんな感じなのでしょうか。醸造所へのアクセスですが、JR水郡線の常陸大子駅からバスで約15分。バスの本数は少ないですが、レストランが通し営業なので、予定は組みやすいと思います。

     

     

     

JR水郡線で常陸大子駅に到着。水戸から随分時間がかかりますが、ぐっと耐えてようやく到着です。途中、ネストビールというトラップも乗り越えました。夕暮れの中の常陸大子駅、旅情を感じます。

     

     

常陸大子駅と駅前の様子。駅舎が新しくなりました。駅前はきれいに整備され、バスやタクシーが発着するロータリーとなっています。

     

     

駅前のバス乗り場よりバスに乗り醸造所へ向かいます。バスにはお客は私ただ一人。廃止にならないことを祈ります。

     

     

バスに乗ること約15分。醸造所最寄りのバス停「志那志口」に到着。辺りは真っ暗・・・。県境付近ですから、人家もまばらです。

     

     

     

暗闇の中、灯りを見つけました。まるでオアシスです。大子ブルワリーに到着です。開いてて良かった。

(続く)



大子ブルワリー
茨城県久慈郡大子町上金沢1653
TEL:0295-72-8888

◆ランキングに参加しています。よろしければ応援をお願いします。◆
  にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ  
あああ     
ジャンル:
お酒・お茶
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 浜なしGOSE TDM1874 | トップ | 新しいブルワーへ やみぞ森... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ビール紀行(関東)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL