The Holy Garden 歳時記 2

ガーデナー・サンドニが、秘密の花園の美しい四季をご紹介します。

リリオペ・ホスタ—8月中旬のガーデン

2016年08月19日 | ガーデニング
関東は今週になって台風などの暖湿気流のため
ぐずついた天気が続きます。
上旬雨が少なかったのとは対照的で、水やりの心配はなくなりましたが、
とにかくダルイ気候です。

中旬ともなると、もう秋の気配の花、ヤブラン(リリオペ)が咲き始めました。
ガーデンには、多くの自生種の他、園芸種もあります。
こちらはすっきりとした白花の「モンロー・ホワイト」

        


真夏のホスタはさすがに葉が傷みますが、色が鮮やかなものも。
夏がいちばん発色の良いスティッチインタイム(Stich in Time)。

        

生長が遅いトータリーオーサム(Totally Awe Sum)もだいぶん充実してきました。
しかしサムアンドサブスタンスの変種とは、名前だけでしか想像できない。

        


今が盛りの、デボングリーン(Devon Green)の花。
夏も葉が傷まず、花もきれいです。

        

シミーシェイク(Shimmy Shake)の花。
葉が枝垂れるのが特徴ですが、花も枝垂れます。

        


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

レンゲショウマ—8月中旬のガーデン

2016年08月14日 | ガーデニング
久々の更新です。

海風の影響か、ガーデンのお盆はしのぎやすい気候でした。
雑草ばかりの中、負けずに真夏の山野草の開花です。
この季節の名花、レンゲショウマです。
一見ひ弱そうに見えますが、強靱さをもっています。
ガーデンには4株あり、花茎を延ばして次々に開花します。
花が重くて花茎が垂れ下がってしまうのが難点。
しかし、花姿は蝋細工の名工の作品のような芸術美。
蝉時雨を背景に静かに咲いています。

        

        



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

本日のホスタ スーパー寒河江(Super Sagae)

2016年08月04日 | ガーデニング
関東は不安定な荒れた天気が続きましたが、今日は東京は真夏の晴天でした。
素材が少なくなりつつあり、時々のアップとなります・・・


大型で、堅い葉。
春は青緑色、夏は緑色で、黄色の鮮やかな覆輪が入る。
名品寒河江の改良種で、オランダで発見された。寒河江より大きく生長も早く、覆輪の幅が広いとされる。
オランダ人、テオ・ダウツェンベルク?(Theo Dauzenberg)氏によるが、登録はされていない。
オランダ名?アアルベークスファイア?(Aalbeek's Fire)という名前もある。

2011年にガーデンに導入。5年経つが確かに母種より壮大である。

2016年6月4日撮影。


        


コメント
この記事をはてなブックマークに追加