The Holy Garden 歳時記 2

ガーデナー・サンドニが、秘密の花園の美しい四季をご紹介します。

9月下旬のガーデン

2013年09月23日 | ガーデニング
残暑や嵐が続いて、気がつけばもう9月もあと一週間ですね。
日が短くなるととたんに時の過ぎゆくのも早く感じられます。
これからが良い季節なのに・・・

夏のサボりのツケで、ガーデンは雑草と台風で散った落ち葉の海です。
ようやく前庭の一部分の処理ができただけです。
「顔」が良ければすべて良しとはいきませんが。

        


いちはやく赤く熟するカンボクの実。
今年は花が多かったので実もたくさん。
ガマズミの仲間はリキュールなどにできますが、カンボクは不味いそうです。
こんな時期から早々に赤くなり、一見鮮やかで美味しそうに見え、
鳥に存在をアピールしているみたいですが、鳥は見向きもしません。
冬まで残っています。

        


あとは、雑草の海から顔を出している、強かな宿根草たちです。
彼らは放っておいても雑草に負けないので安心。

フジバカマ(ユーパトリウム)2種。
元々この仲間は雑草のようなもの(ヒヨドリバナはいっぱいあります)。強健です。

・青花フジバカマ(ユーパトリウム・セレスチナム)
アゲラタムに似た青紫色のフジバカマ。葉もライム色で明るい雰囲気。

        

・ユーパトリウム・チョコレート
名前のように、葉がチョコレート色。春は赤銅色、花が咲く頃は深緑色という感じです。
花は純白で、葉の形も違い、セレスチナムとは一見同じ仲間とは思えないくらいです。

        


ニラの花
この季節は道ばたや田の畦道、法面などあちこちにニラが生えていることがわかります。
「白い星」はなかなか美しい。

        


シュウカイドウ
「秋」を感じさせる花ですが、最初に数個のムカゴを植えたが最後、本当にあちこちに拡がってしまいました。
まあ、要所要所で締めるのが良いでしょうね。

        


キレンゲショウマ
今年は花が多かったですが、まだ少し残っていました。
黄色の肉厚の花弁は独特のもの。

        

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「夏眠」してました

2013年09月07日 | ガーデニング
ようやく暑さが幾分収束しました。猛暑かとおもえば竜巻・雷雨の激しい気象と劇的な気候の夏でした。
そのため作業は全くできず「夏眠」状態でしたが、また少しずつ夏の整理を始めなければと思います。
しかしまた暑さが少しぶり返すようで・・・やはり彼岸を過ぎないと本物の秋は来ないのでしょうね。

しばらくガーデンは整理・掃除続きと思いますが、また少しでも話題があればアップしますので
よろしくお願いしいます。

名前は似るが全く別物、キレンゲショウマ(ユキノシタ科)とレンゲショウマ(キンポウゲ科)

        

        


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加