三億円事件犯人に至る道

三億円事件について考察いたします。

荻本バラックと多摩川住宅(9)

2017-04-21 03:37:28 | 日記
荻本バラックに話を戻す。
荻本バラックとは、西側にあった、荻本砂利採取場の宿舎である。
荻本砂利採取場、大正時代から、府中用水が、多摩川に合流する地点、西側あたりにあったようだ。
砂利輸送のため、京王線国領駅前まで、トロッコの軌道を、敷設するほどに、盛況だったらしい。
多摩川流域には、こうした、砂利採掘場が、いくつも、並んでいたのだが、荻本砂利採取場は、その中の、一つである。
ただ、砂利採取そのものは、採り尽せば、資源は、枯渇するということは、明白ではあったようだ。
(2013年9月記)
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 荻本バラックと多摩川住宅(8) | トップ | 荻本バラックと多摩川住宅(10) »
最近の画像もっと見る

あわせて読む