三億円事件犯人に至る道

三億円事件について考察いたします。

布多天神社について(3)

2017-02-24 03:40:30 | 日記
たとえば、新田神社だとしても、稲作とは、関係ないはず。
多摩川流域に、田園風景が、広がるようになったのは、江戸時代になってからである。
まがりなりにも、多摩川の流路が固定され、用水が開削されるようになってからでないと、水田耕作は、不可能。
とはいえ、やはり、意味は、わからない。
また、穴澤天神社の、「穴澤」、まったく、見たままで、こちらも、意味不明だ。
そうした、神社を、迎えるにあたって、「天満宮」、という箔を付けることは、必要だったのかもしれない。
(2013年9月記)
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 布多天神社について(2) | トップ | 布多天神社について(4) »
最近の画像もっと見る

あわせて読む