三億円事件犯人に至る道

三億円事件について考察いたします。

狛江と渡来人(11)

2017-02-22 03:33:58 | 日記
地形の特徴になるほどに、多く、渡来人、存在したのかどうかは、わからないが、実際、いたのだろう。
だから、地名にもなったわけだ。
でも、とくに、入植したという痕跡は、まったくないのである。
どういうことだろう。
しかも、いた場所も、興味深い。
入江である。
入江、ということは、河原。多摩川の河原。
なぜ、そんなところに、多くの渡来人がいたのだろう。
江戸時代より前の多摩川は、暴れ川であり、幾度となく、流路を変えていたのだ。
あまり、安全な場所とも、思えない。
なぜ、そのような、場所に、いたのだろうか。
(2013年9月記)
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 狛江と渡来人(10) | トップ | 狛江と渡来人(12) »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事