三億円事件犯人に至る道

三億円事件について考察いたします。

荻本バラックと多摩川住宅(10)

2017-04-21 03:39:00 | 日記
早晩、砂利採取は、禁止になることは、認識していたわけである。
では、どうするのか。
河川敷ではなく、かつて、流路のあった場所を、掘削すればいい。地底から、砂利が出てくるからだ。
荻本砂利採取場も、府中用水の北東側、いまの都営多摩川住宅の南側へと、拡大している。
だが、それ以上に、北へ北へと拡大していったのかは、わからない。
あるいは、他の砂利採取業者が、参入したのかも、わからない。
(2013年9月記)
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 荻本バラックと多摩川住宅(9) | トップ | 荻本バラックと多摩川住宅(11) »
最近の画像もっと見る

あわせて読む