三億円事件犯人に至る道

三億円事件について考察いたします。

狛江と渡来人(12)

2017-02-22 03:36:32 | 日記
石母田正著「日本の古代国家」338頁から引用する。
他の民族の古代国家の場合と同じく、日本においても、「虜掠」された「蕃賊」を「奴婢」とすることは、古代法における合法的慣行であった
ちなみに、「蕃賊」の「蕃」というのは、国外すべてである。ただ、朝貢するようになった、唐については、「唐国」あるいは、「隣国」としている。
おそらく、首長という視点からでは、首長の治める領域外すべて、ということだったはずだ。それを、国外へ、拡大解釈したに、すぎないと思われる。
とすると、狛江の「高麗」、渡来人とは、どういう者だったのだか、わかってくる。
また、前方後円墳、亀塚古墳は、西暦500年頃、特段の貢献により、築造されたわけだが、その貢献とは、何だったのか、ということも、そのことに、関連しているのでは、と思えてくる。
(2013年9月記)
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 狛江と渡来人(11) | トップ | 布多天神社について(1) »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事