三億円事件犯人に至る道

三億円事件について考察いたします。

荻本バラックと多摩川住宅(8)

2017-04-20 03:32:31 | 日記
多摩川は、過去、幾度も、流路を変える、暴れ川。
昔、流路だった場所には、砂利が残っている。
河川敷でなくとも、掘削すれば、砂利が、出てくるのだ。
こうして、河川敷での、砂利採取を諦めた、業者は、多摩川近くの場所を、砂利採取のために、掘り始める。
そこは、巨大な凹地となる。
たとえば、1954年に、完成した、多摩川競艇場は、そうして、穿たれた、広大な凹地の跡地である。
(2013年9月記)
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 荻本バラックと多摩川住宅(7) | トップ | 荻本バラックと多摩川住宅(9) »
最近の画像もっと見る

あわせて読む